冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説

タグ: / /
2016年11月16日

目次

  1. 冬が最盛期!メバリングの概要
  2. メバリング用ロッドの選び方
  3. メバリング用リールの選び方
  4. メバリング用ラインの選び方
  5. メバリング用ルアーの選び方

メバリング用リールの選び方

基本的にはアジング等のライトゲームで使われるリールを流用することができるが、その中でも特にメバリングをする上で重要な要素について紹介しよう。

メバリング用リールの選び方

リールの種類

メバリングでは1g以下の軽量ジグヘッドをキャストすることもあるため、主にスピニングリールが使われる。

リールの番手

メバリングで多く使われる7フィート台のロッドと相性が良いのは2000番台のリール。しかし、ゴロタ場や磯場など8フィートクラスのロッドが求められる場合、リールは少し大きめの2500番台を使用することをおすすめする。

なぜかと言うと、その方がロッドとのバランスがとれ、タックル全体の重心を手元に近づけることができるため。ロッドとリールの重量バランスを整えることで、キャスティングや、アクションの付けやすさに繋がるのだ。

リールのギア比

近年、アジングではギア比の高いハイギアタイプのリールが使われることが多いが、メバリングではノーマルギアのリールをおすすめする。

メバルはスローな動きのルアーに反応することが多いため、より丁寧に動かす必要があるのだ。そうした場合には、ギア比が低いもののほうがより繊細なルアーアクションを加えることができる。

初心者におすすめのメバリング用リール

ダイワ「月下美人MX」

軽くてなめらかな回転を長期間維持することが可能な「マグシールド」、滑り出し性能に長け、魚の引きに滑らかに追従するドラグシステム「ATD」など、同社の最先端技術を惜しげなく採用。

細いラインで大型の魚をかけても安心してやり取りをすることが可能だ。

シマノ「NEW ナスキー」

シマノが誇る超ハイコストパフォーマンスリール。こちらの製品は一昔前であれば3〜4万円レベルのリールと同等、もしくはそれ以上の性能を備えている。

初心者の始めの一台として非常におすすめできるモデルである。

最高クラスのコスパ!シマノから最新技術を纏ったスピニングリール「NEW ナスキー」が登場

【次ページ:メバリング用ルアーの選び方】

タグ: