冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説

タグ: / /
2016年11月16日

目次

  1. 冬が最盛期!メバリングの概要
  2. メバリング用ロッドの選び方
  3. メバリング用リールの選び方
  4. メバリング用ラインの選び方
  5. メバリング用ルアーの選び方

メバリング用ロッドの選び方

アジングロッドとの違いは

同じライトゲームのカテゴリに含まれる「アジング」。おおよそ同じ程度の重さのルアーを使い、同じ程度の大きさの魚を狙うのだから、ロッドは1本で良いのではないかと思われる方も少なくないだろう。

しかし、実際にはそれぞれ専用のロッドが用意されており、上級者は各々使い分けることで釣果を向上させている。

ではアジングロッドとメバリング用ロッドは何が違うのか? 一番の違いは「バットパワー」だ。メバルはヒット後に根に向かって走る魚であるので、アジングロッドよりもバットパワーが求められる。

さらに、メバルは防波堤のみならず、ゴロタや地磯などで狙うことができる。こういったポイントの場合は、一般的なアジングロッドよりも長めのものが適しているのだ。

メバリング用ロッドの長さ

例えばゴロタや地磯での使用を前提とするならば、8フィート台前半まで選択肢が広がる。足元から深さがある堤防に比べ、遠投性能が求められるからだ。

メバリング用ロッドの硬さ

2~5g前後の軽量プラグをメインとした釣りでは、それらをストレスなく投げられるものを選ぼう。ただし、メバリング用として売られているロッドであれば、この範囲はカバーしたものがほとんどだ。

ジグヘッドなどを使用した釣りにおいては、なるべく繊細なロッド、最初のうちはソリッドティップのロッドを選ぶと良いだろう。

理由は、ソリッドティップのロッドは、メバルがワームを咥えた時に違和感を与えづらいため、メバルのアタリを弾きにくいからだ。

なお、キャロライナリグを使用する際はそれ専用のアジングロッドであれば、おおよそメバリング用ロッドに近いため流用して使うこともできる。

初心者におすすめのメバリング用ロッド

ダイワ「メバリング X」

価格は抑えたいが性能にも妥協したくないアングラーにおすすめの一本。低価格ながら同社の技術を惜しげなく採用している。

デザイン性にも優れているため、見た目にこだわるアングラーも十分に満足させてくれる。

メジャークラフト「三代目 クロステージ」

今作で三代目となる「クロステージ」は、非常に高感度化が進んだモデル。よりクイックな操作性と俊敏なアワセが可能となった。

リグの多様化に伴い、ジグヘッドだけではなく、マイクロジグ対応のシリーズやフロートリグにも対応できるラインナップが揃っている。

【次ページ:メバリング用リールの選び方】

タグ: