テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-14-38-53

11684アクセス 2016年11月16日

冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-14-38-53

近年、アジをルアーで釣る「アジング」が流行したため、現在では「ライトゲーム」というともっぱらそのイメージが強くなってきた。しかしメバルをルアーで釣る「メバリング」も、テクニカルでゲーム性の高い、根強いファンを持つ釣りだ。

目次

  1. 冬が最盛期!メバリングの概要
  2. メバリング用ロッドの選び方
  3. メバリング用リールの選び方
  4. メバリング用ラインの選び方
  5. メバリング用ルアーの選び方

メバリングの概要

img-step2-02

出典:Honda | Honda釣り倶楽部 | 旬の釣り はじめよう | 【2月号】夜の港の春告魚 | 漁港・堤防でのポイント

身近なポイントで釣れる手軽なターゲット「メバル」

全国各地に生息するメバル。身近な防波堤にも多く生息し、初心者でも比較的釣りやすい魚だ。この魚は暗い場所から明るい場所にいる餌を狙っているため、上の図のように岸壁や障害物の影や明暗の境目部分に潜んでいることが多い。

定番スポットは常夜灯周辺。ほかにも、海辺の建物から漏れる灯りの周辺なども探して狙うと釣りやすい。

大物を狙うにはゴロタ浜や磯へ出向こう

img_8963

ただし大型の個体はゴロタ浜や磯場に多く、サイズアップを狙うためにはこのようなフィールドへと出向く必要がある。手軽な釣りな反面、大型を狙うと奥が深い釣りだ。

アジング用よりも強めのタックルで挑もう

使用するタックルは、同じライトゲームのカテゴリーにあるアジングで使われるものを流用してもかまわない。

しかし、ルアーをくわえた後、根に突っ込む魚であるので、アジングで使用するロッドよりもやや強めのものをおすすめする。使用する状況によって異なるが、長さは7フィート台後半がメインとなる。

アジングとメバリングの違い

同じライトゲームであるアジングとの最も大きな違いは、アジングが縦の釣りであるのに対して、メバリングは横の釣りであるという点。

メバルは一定のレンジキープしてルアーを泳がせたほうが効果的なのだ。このポイントに関しては後の連載で詳しく解説していく。

【次ページ:メバリング用ロッドの選び方】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト