初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方

img_6402-720x540

ロックフィッシュゲームでは、根ズレを防ぐために太めのフロロカーボンラインを使用する場合多い。ラインキャパシティの多いものをチョイスしよう。

また、ヒットした根魚を根に潜られる前に強引に引き剥がす必要があるため、パワーのあるハイギアモデルが理想だ。

ロックフィッシュにおすすめのベイトリール

アブガルシア「ビッグシューターコンパクト」

大口径のブラスギアを搭載したパワー重視のリール。ハイギア仕様でありながらドラグ力もあり、ロックフィッシュゲームにはうってつけの一台だ。

ロックフイッシュゲーム以外にも、シーバスゲームやバスのビッグベイトリールとしても使用可能である。

シマノ「クラド 200HG」

タフさを重視したベイトリール。20lbを100m巻くことができる十分なラインキャパシティはロックフィッシュに最適だ。

X-SHIPやS3Dスプール、SVS∞(インフィニティ)などの先進技術を採用しており、スムーズな使用感も魅力的。ノーマルギアやパワーギアモデルもラインナップされているが、ロックフィッシュにはハイギアモデルを選ぼう。

製品動画

ベイトリールの使い方をマスターしよう

慣れるまでは操作が難しいベイトリール。しかし、慣れてしまえばスピニングリールにはないダイレクト感、そしてピンスポットへと撃ちこめるキャストアキュラシーなど様々な魅力に惚れ込むこと間違いなしだ。

この記事を参考に、ベイトリールの使い方をマスターしよう。

タグ: