初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

シーバス用ベイトリールの選び方

img_1420-720x540-1

ソルトゲームでベイトリールを使用する際に大前提なのが、ソルト対応のベイトリールであるということ。ソルト対応のものは内部にサビに強いベアリングを内蔵していたりと、淡水専用のものと比て安心して使用できる。

しかし、いくらソルト対応だからといってメンテナンスを怠るとベアリングのサビや内部の腐食が進んでしまうため注意しよう。

シーバスゲームでは1~2号のPEラインを使用することが多い。しかし、通常のベイトリールは細いPEラインはスプールにラインが食い込んでしまったりするためライントラブルを起こしてしまうものが多い。

そのため、細いPEラインを使用する場合には、PE対応のベイトリールをおすすめする。

また、必須のスペックといえるのがハイギアであること。ビッグベイトでピンスポットを撃つなどの特殊な釣り方以外、早巻きをする場合も多いシーバスゲームでは巻取り量が多い方が有利である。一巻き70~80cm前後を基準にリールをチョイスしよう。

おすすめのシーバス用ベイトリール

シマノ「エクスセンスDC」

PEラインの使用を前提とした数少ないベイトリール。PEラインの特性を考慮したシマノ[SHIMANO]独自のDC(デジタルコントロール)ブレーキを搭載しているため、ストレスなくベイトシーバスゲームを楽しむことができるだろう。

ビッグベイトなどの大型ルアーだけではなく通常のプラグまで扱いたいと考えているアングラーにはこれ以上無い一台だ。

ダイワ「モアザン PE SV」

こちらはダイワ[DAIWA]のシーバス専用ベイトリール。マグシールドボールベアリングやT-ウイングシステムなど、同社の最新技術が詰め込まれた最高峰のベイトリールだ。

独自のマグネットブレーキシステムとスプールが搭載されているため軽量ルアーから重量ルアーまで幅広いウエイトをストレスなくキャスト可能。

キャストに慣れた人ならばセッティング次第でさらなる飛距離を出すことも可能な、初心者にも上級者にもおすすめできる一台である。

【次ページ:ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ】

タグ: