初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方

fullsizerender-5-720x567

雷魚用リールに求められるのは剛性。雷魚を水生植物ごとゴリ巻きでごぼう抜きしなければならないシチュエーションも多く、そうなるとボディやギア、ハンドルの強度が重要になってくる。

また、ナマズではPE5号、雷魚ではPE8号を十分に巻くことができるラインキャパシティが必要になってくるため、必然的に大型のリールに選択肢が絞られる。

ギア比はどのようなものでも構わないだろう。手返し重視ならばハイギア、じっくりと誘いたい場合にはローギアに軍配が上がる。

おすすめの雷魚・ナマズ用ベイトリール

アブガルシア「アンバサダー6500CL」

雷魚用リールの定番であるアンバサダーシリーズの中でもお求めやすいのがこちらのモデル。十分なラインキャパシティに単純な内部構造ゆえ、自身でのメンテナンスも容易だ。

また、カスタムパーツも多数リリースされているため、ハンドルなどをカスタムすることも可能。自分だけのリールで釣りを楽しむことができる。

ダイワ「タトゥーラHDカスタム」

先程紹介したタトゥーラの太糸対応バージョン。さらにドラグ力とギアも強化されているため、雷魚やナマズにもぴったりだ。

丸形リールでは持ちにくいという手の小さい方にもおすすめできる一台である。

【次ページ:シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ】

タグ: