初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

ブラックバス用ベイトリールの選び方

dsc00789

ブラックバス用のルアー、ロッドには様々な種類があるため、リールの選択にも迷うところだろう。スプールの軽量化によって軽いルアーもキャスト可能なものや、剛性を重視した重量級ルアー向けのものなど、リールも多種多様である。

使用するルアーの重さやロッドによってリールを使い分けたいところだが、最初はそうはいかないだろう。最初は特定のジャンルに偏ったものよりも、標準的なスペックを備えたノーマルギアのものをおすすめする。

また、好みにもよるが最初の一台はブレーキが簡単かつ細かに調節できるマグネットブレーキが使いやすい。

おすすめのブラックバス用ベイトリール

シマノ「バスワンXT」

バス用ベイトリールの入門機として定番中の定番の一台。バスフィッシングで最も標準的なルアーウエイトの使用を考慮したセッティングとなっており、オールマイティに使える。

ブレーキはシマノ[SHIMANO]独自の遠心ブレーキシステム「SVS」が搭載されている。最初は強めのブレーキ設定を心がけて使用しよう。

ダイワ「タトゥーラ 103-TW」

本場アメリカでテストされた実践主義のベイトリール。2万円弱とやや値が張るが、このくらいの機種を購入しておけば長く使えるのでおすすめである。

剛性の高いボディにT字型のレベルワインドがクラッチを切ることで回転し、ラインの放出をスムーズにするため飛距離がアップ。マグネットブレーキを搭載している点もおすすめの理由のひとつだ。

このシリーズにはノーマルギアからエクストラハイギアまで様々なギア比のラインナップが存在する。先ずはノーマルギアかハイギアモデルがよいだろう。

【次ページ:雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ】

タグ: