初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

サミング

サミングとは、リールを握っている方の親指でスプールを押さえて回転を調節する行為。特にサミングが必要なときはキャスト直後と着水前後。前述の通りメインブレーキのみに制御を任せるとスプールが空回りしてしまう。

適切なブレーキセッティングをした場合、キャストしてすぐはスプールを軽く押さえ、その後はほとんどサミングしなくても問題ないが、後半にルアーのスピードが落ちてきたら再びサミングをしよう

スプールを押さえる強さは経験から判断するしかないので、ひたすら練習あるのみだ。最初のうちはやや強めにサミングしてみるとよい。

ドラグの調節

ベイトリールのドラグはスピニングリールのものに比べてそれほど性能が高くない。バスフィッシングなどで太いラインを使用する場合にはまずラインブレイクは無いので、ドラグはきつく締めても問題ない。

しかし、シーバスゲームなどドラグ性能が必須な釣りでは「指ドラグ」というテクニックを使用することが多い。

指ドラグのやり方は、通常ドラグが出るような場面でクラッチを切って、サミングの要領でスプールを押さえてラインを送り出すというもの。慣れるまでは大変かもしれないが、練習すればベイトリールのドラグ性能を気にすることなく魚とやりとりをすることが可能だ。

【次ページ:ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策】

タグ: