初心者から玄人まで!「ベイトリールの使い方まとめ」

タグ: /
2016年11月30日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. ベイトリールとスピニングリールの違い、メリット
  2. ベイトリールの使い方(ブレーキ設定)
  3. ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)
  4. ベイトリールの最初の壁「バックラッシュ」の原因と対策
  5. ブラックバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  6. 雷魚・ナマズ用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  7. シーバス用ベイトリールの選び方と、おすすめ
  8. ロックフィッシュ用ベイトリールの選び方と、おすすめ

 ベイトリールの使い方

メカニカルブレーキの設定

2016-01-21 16.31.11-min

写真中央部の赤い円柱状のものがメカニカルブレーキ。時計回りに回すと締り、反時計回りに回すと緩めることができる。

最近のリールはメインブレーキの性能が非常に良いため、スプールがぎりぎりガタつかない程度にまで緩めると飛距離を伸ばすことができる

あまりガタついているとスプールやメインシャフトの歪みにつながるため注意が必要だ。

メインブレーキの設定

2016-01-21 16.32.22-min

メインブレーキには、主に「遠心ブレーキ」と「マグネットブレーキ」の2種類がある。上の写真は遠心ブレーキである。

遠心ブレーキの設定

遠心ブレーキの場合、調節するためにはまずはサイドプレートを外さなければならない。外し方はリールによって異なるため説明書を読んで確認するようにしよう。

サイドプレートを外すと、ブレーキブロックというパーツが複数ついている。参考動画でいうと小さな赤色のパーツだ。これを指などでカチっというまで外側に動かすことでキャスト時に遠心力でブレーキブロックが動き、摩擦力によってスプールの回転を制御することができる

最初のうちは多めにブレーキブロックをオンにしておけば、飛距離は落ちるもののバックラッシュを軽減させることができる。

マグネットブレーキの設定

続いてはマグネットブレーキだ。マグネットブレーキは磁石の磁力によってスプールの回転を制御する構造で、遠心ブレーキとは異なりサイドプレート部分に調節ダイヤルが付いていることが多い。

サイドプレートを外す必要がなく、細かなセッティングが可能というメリットがある。

ブレーキ設定のコツ

ブレーキの種類に依らず共通して言えることは、最初のうちはブレーキを強めにセッティングしておくということ。キャストのタイミングなどに慣れてきてから、徐々にブレーキを弱めていくようにしよう。

【次ページ:ベイトリールの使い方(サミング・ドラグの調節)】

タグ: