メタルジグで大物ゲット!ショアジギング徹底解説

タグ: / / / /
2016年11月29日 (最終更新日:2017年10月06日)

目次

  1. ショアジギング用メタルジグの種類
  2. おすすめのショアジギング用メタルジグ5選(フォールで喰わせるジグ)
  3. おすすめのショアジギング用メタルジグ5選(リトリーブで喰わせるジグ)
  4. ショアジギング初心者におすすめのタックル
  5. ショアジギング中級者におすすめのタックル
  6. ショアジギング上級者におすすめのタックル
  7. ショアジギングで釣果を上げるコツ

ショアジギングで釣果を伸ばすコツ

必要なタックルとジグが揃ったら、後は実釣あるのみ。次に、釣行前に確認しておきたいショアジギングのコツを解説していく。

ショアジギングの基本操作

ショアジギングの基本は、ジグを着底させてしゃくり上げるの繰り返し。ナブラが立っている場合には着水直後にアクションを加える場合もあるが、基本的にはジグを着底させるようにしよう。

ジグをフォールさせるときには、リールのベールを返してスプールに指を軽く添え、少しずつラインを送り出していく。一気にラインを出すと風や流れにラインが流され、テ着底がわからなくなってしまうので注意が必要だ。

しゃくる動作は、ロッドのグリップを脇に挟んで力まず行うのがコツ。ロッドを大きく動かすというよりは、リールを巻くことでロッドを曲げ、ロッドの反発力を利用してジグを動かすというイメージでやると楽にしゃくることができる

釣果アップのコツ

釣果アップのために意識してほしいことのひとつとして、着底後すぐにジグをしゃくり始めることが挙げられる。フォール中にもジグは魚を誘っており、着底時まで魚がジグを追いかけている可能性があるのだ。

このとき、着底後すぐにアクションすれば食わせのきっかけとなってヒットの確率が上がるが、着底後のんびりしていると魚にとってジグはただの鉛の塊と化してしまう。見切られないためにも着底からアクション開始までの動作をスムーズに行うようにしよう。根掛かりが少なくなるというメリットもある。

また、食わせのきっかけを与えるという点では、一回のキャストで様々なしゃくり方を試す方法もある。

ハイピッチとスローピッチのしゃくりを交互に行うことで、アクションに緩急がついて魚に捕食スイッチを入れることが可能になるのだ。

岸から手軽に楽しめるショアジギング

初心者でも簡単に楽しめ、思わぬ大物がかかることもあるショアジギング。

冒頭でも述べた通り、青物やロックフィッシュ、フラットフィッシュ、場合によってはシーバスや真鯛など、狙える魚種も豊富だ。

これから始めるアングラーはこの記事を参考に、メタルジグ、及びタックルを揃えてみるといいだろう。

関連商品

タグ: