テーマ別

トップページ>ブラックバス>コスパで選ぼう! 初心者におすすめのシマノのベイトリールまとめ

名称未設定

5726アクセス 2016年01月19日

コスパで選ぼう! 初心者におすすめのシマノのベイトリールまとめ

名称未設定

出典:バスワンXT [BASS One XT]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

技術の発達により、フィッシングショーなどで注目されるような最先端のハイエンド商品でなくともストレスなく快適に釣りができるようになっている。

今回は釣りを始めたいという方や、セットリールを卒業したい方向けにシマノ[SHIMANO]社のコストパフォーマンス高いベイトリールを紹介しよう。

コストパフォーマンスの高いベイトリール

バスライズ・実売5,000円前後

SHIMANO(シマノ) リール 13 バスライズ (3.5号糸付き) 31006
SHIMANO(シマノ) (2013-05-14)
売り上げランキング: 33,094

シマノ社で最もお手頃価格のベイトリール。イージーマグ機構や42mmのハンドルを搭載し、初心者にも扱いやすい仕様になっている。前作よりラインキャパがアップし、4号ラインを120m巻くことができる。

海水対応ではないが安価なため、メンテナンスをしつつ故障を恐れずにソルトで使用してもよいだろう。なによりコストを抑えたいという方におすすめのリールだ。

バスワンXT・実売6,000~7,000円前後

SHIMANO(シマノ) リール NEW バスワンXT (右) 26781
SHIMANO(シマノ) (2011-08-29)
売り上げランキング: 2,914

シマノのエントリーモデルとして親しまれてきたモデル。この価格帯ながらシマノ独自のブレーキシステム「SVS」や回転バランスに優れたアルミマシンカットタイプのチューニングスプールを搭載し、性能としては申し分ない。

さらに塩ガミを寄せ付けないベアリング「SA-RB」を搭載し海水にも対応している。バスフィッシングはもちろんのこと、ソルトでベイトリールを使用してみたいという方にも最適だ。エントリーモデルとしては最もおすすめできるリールだ。

お手頃ながら優秀すぎる!

今回紹介した製品はどの商品も1万円を下回るお手頃価格ながらも、実釣には十分な性能と耐久性を持っている。

釣りを始めたいという初心者から、新しいジャンルの釣りに手を出したいという方まで満足できること間違い無しだ。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト