トップページ>アジング・メバリング>コスパで選ぼう! 初心者におすすめのシマノのスピニングリールまとめ

コスパで選ぼう! 初心者におすすめのシマノのスピニングリールまとめ

タグ: /
アクセス 2017年12月05日

価格差や種類も幅広いリールの中で、なるべく安くリールを購入したいが、性能は妥協したくないと悩む方も多いはず。

今回はそんな方向けに、大手メーカーであるシマノ[SHIMANO]製スピニングリールの中でも特にコストパフォーマンスの高いものを紹介していく。

これから釣りを始める初心者の方だけでなく、リール選択で困っている方も必見の内容だ。

目次

  1. コストパフォーマンスの高いリールのメリットまとめ
  2. コストパフォーマンスの高いシマノ製リール

コストパフォーマンスの高いリールのメリットや使いどころ

値段重視でとにかく安いリールでも十分という方もいれば、最上位機種をそろえれば間違いないと考える方もおり、リールの選択基準はさまざまだ。

そういう中でも高コスパリールは、お手頃な価格かつ価格以上の性能を体感できるリールであり、幅広い層におすすめできるものである。

ここからは、高コスパリールのメリットや使いどころを解説していこう。

上位機種の技術が次々と採用

近年ではリール開発の技術進歩が早まっており、上位機種のみに採用されていた技術等が次々と下位機種に導入されている。

ゆえに、年々低価格リールの性能は底上げされ、納得の性能を備えたリールが多くなっているのだ。

上級者にもおすすめ

コストパフォーマンスの高いリールは初心者、中級者にももちろんおすすめだが、上級者のサブリールとしても最適である。

メインリールのメンテナンス中などに、一台あれば安心だろう。

新しい釣りを低予算で

新しいジャンルの釣りを始めたいが、「最初はあまりお金を掛けたくない…」という場合にも、高コスパリールが選択肢に入ってくる。

価格と性能のバランスが良いため、低予算かつ一定以上の性能を求めるならば、次項で紹介するリールを参考にしてほしい。

カスタムを楽しむ

上位機種のワンランク下の機種を購入し、その差額でカスタムパーツを購入してグレードアップする楽しみ方もある。

自分だけのリールはそれだけ愛着も湧き、長く使用できるだろう。

しかし、低価格帯リールの中にはパーツの互換性等がなくカスタムが難しいものもあるため、メーカーが公開している互換表をよく確認しよう。

キズを気にせず酷使できる

特に磯での釣りなど、高価なリールを持ち込んで傷が付きようものなら精神衛生上よろしくない。

ハイエンドモデルを大切に使用するのもよいが、ワンランク下のリールをガンガン使用して買い替えたり、浮いた予算を他に回すという選択肢も考えてみよう。

下位機種にも十分すぎる性能を備えたものが数多く存在する。

アフターサービスも充実

メーカーものでない格安のリールは、価格こそ安いものの製品のばらつきが激しく、故障した際の修理やパーツの確保が難しい場合が多い。

一方、大手メーカーのリールならば修理やオーバーホール等の対応もあり、各パーツの取り寄せも可能である。

価格、性能のバランスの良さだけでなく、万が一の時の安心感が得られるのも大きなメリットと言えるだろう。

【次ページ;コストパフォーマンスの高いシマノ製スピニングリール】

タグ: /