テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>昼夜問わず活躍! メバルに効果抜群の「カブラ」の使い方

83J83u8389_1537_ (1)

15144アクセス 2016年01月13日

昼夜問わず活躍! メバルに効果抜群の「カブラ」の使い方

83J83u8389_1537_ (1)

出典:BREADEN -Light Rig-

日本の伝統漁具である「カブラ」。実は、カブラはメバルに非常に効果のあるルアーなのだ。今回は、そんなカブラの使い方をご紹介しよう。

カブラの使い方

カブラの使いどころ

カブラはワームプラグでは反応が得られないような状況でも効果を発揮することが多い。釣れない時の最終手段としてボックスに忍ばせておくのもよいだろう。

また、ナイトだけでなくデイゲームでも効果的だ。フグやベラなどにワームが齧られて釣りにならないような状況でも、カブラならしっかりとメバルを連れてきてくれる。

カブラの装着方法

IMG_1558

出典:BREADEN -Light Rig-

カブラはスプリットリグで使用するのがおすすめ。スプリットシンカーを装着したらカブラをラインに通し、ラインを2重もしくは4重に折り返して8の字結びでコブを作って固定する。シンカーは1~2gのものがよい。

ブリーデン(BREADEN) ライトリグシンカー/ブラック/1.0g(4ヶ入)
ブリーデン(BREADEN) (2013-11-20)
売り上げランキング: 160,243

カブラというと、サビキ釣りなどで使われることが多い「土佐カブラ」というものが一般的だ。これも十分使えるものなのだが、太軸の針を使っているためメバルロッドではフッキングし難い。

ブリーデンから、細軸フックを使用したメバル専用カブラ「めばるingかぶら」がリリースされているため、土佐カブラのフッキングの悪さに悩んでいる方はこちらも試してみよう。

ブリーデン(BREADEN) メバルカブラ/グリーン皮/10号(5本入)
ブリーデン(BREADEN) (2013-11-20)
売り上げランキング: 6,695

操作方法

操作方法はワームのジグ単やスプリットリグと同じ。ゆっくりとしたリトリーブで時折トゥイッチを入れ、フォールで食わせるといったアクションが有効だ。カブラだからといって特別な操作は必要ない。

カブラでタフコンディションを攻略

カブラは、メバル用ルアーの中で最強のルアーといっても過言ではない。ワームやプラグなどと使い分ければタフコンディションを攻略でき、さらなる釣果が期待できるだろう。

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト