テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ

19720アクセス 2016年01月10日

アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ

アジング・メバリングで使うリグ

キャロライナリグ

FullSizeRender (2)

中通し錘をリーダーに通し、先糸スイベルで繋いだリグ。スプリットショットリグ同様、飛距離を出したいときに使う。

レンジキープ力が高く、スプリットショットリグよりも重い錘を使い深いレンジを探ることができるのが特徴だ。

フロートリグ

30025b3403ee07d2035b1f692454935c

出典:【ぶっ飛びRockerⅡを使用した基本的なフロートリグ仕掛図】

おもにメバリングで使用するリグ。フロート(浮き)にリーダーを通し、スイベルを繋いだリグだ。遠くの表層を集中的に狙う場合に活躍してくれる。

フロートからワームまでの長さを自在に調整することができるため、レンジの調整も容易。表層を攻めたい場合は近距離でもジグ単よりこちらを使った方が効率がよい場合もある。

様々なリグを駆使してアジ・メバルを攻略!

ジグ単だけでも対応できるコンディションは幅広いが、リグを組めるようになっておけば、さらに釣りの幅が広がる。ゲーム性も楽しめるようになるので、ぜひ挑戦して欲しい。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト