テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ

20150909015446387

17699アクセス 2016年01月10日

アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ

20150909015446387

身近な漁港や堤防から気軽に挑戦できて、上級者もハマるゲーム性の高さのある「アジング」や「メバリング」などのライトゲーム。

ワームがメインとなるこの釣りで、知っておくと釣りの引き出しが増え、様々な状況に対応できるようになる「リグ」について紹介していこう。

アジング・メバリングで使うリグ

ジグヘッド単体(ジグ単)

4439a9bab1e4e455aa50d9ec2915497e-min (1)

出典:Arukazik Japan

その名の通り、ジグヘッドにワームを装着しただけのシンプルなリグ。初心者がまず使うリグでありながら、幅広いコンディションに対応できる基本の形だ。

リーダーにジグヘッドを装着するだけなので、感度が良くアジやメバルの繊細なアタリを逃さず伝えてくれる。ただ巻きだけでなく、ダートトゥイッチなど幅広い使い方ができるのも特徴だ。

スプリットショットリグ

b79bc4ca 2

出典:スプリットショットリグの作り方。重要なアイテムは・・・

ジグヘッドや針の数十cm上に錘を装着する「スプリットリグ」。軽量のジグヘッドを使う際に活躍するリグで、風がある場合などにも飛距離を出すことができる。

作り方は非常に簡単で、ラインに割りの入った錘を装着するだけ。基本アクションはただ巻きで、表層を狙いたいときに使える。

【次ページ:キャロライナリグ・フロートリグ】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト