食味も抜群!初心者のための「ヒラスズキ」の釣り方徹底解説

タグ: / / / / / /
2016年12月13日 (最終更新日:2017年08月08日)

目次

  1. ヒラスズキ狙いのポイント
  2. ヒラスズキ用ロッドの選び方
  3. ヒラスズキ用リールの選び方
  4. ヒラスズキ用ラインの選び方
  5. ヒラスズキ用ルアーの選び方

ヒラスズキ用ルアーの選び方

シャローエリアでの釣りが基本となるこの釣りではフローティングミノーを軸として釣りを展開していくことが多い。それでは、どういったルアーを選択していけばいいのか解説しよう。

メインはフローティングミノー系

アクションは漂わせるように

磯の岩などの障害物が点在するエリアにルアーを通すことが多いので、根掛かりを避けるためにも潜行レンジ50~100cm程度のフローティングミノーが基本。サラシの中をあまり早く巻かずに、漂わせるようなイメージで動かすことがキモだ。

また、障害物にルアーがぶつかるケースが非常に多いため、破損しにくいリップレスまたはリップの短いルアーの使用をおすすめする。

小型に変えてフォローを入れてみよう

基本のローテーションは120mm~130mmのミノーを先発させ、それでも反応が得られない場合には、90~100mm程度のワンサイズ落としたミノーでフォローを入れると効果的である。

おすすめのフローティングミノー

アイマ「sasuke 140裂波」

アイマ[ima]から発売されている、ド定番ヒラスズキリップレスミノー。脅威の飛距離を誇り、河口、磯などで抜群の実績を誇っている。

シマノ「ストロングアサシン」

ボディからフックに至るまで、ルアー全身に「強さ」を備えたマッスルボディミノー。飛距離、アクション、強度全てで高いパフォーマンスを発揮してくれる。

メイン以外で用いるルアーについて

ポイントが遠く、飛距離が必要な場合

ポイントが遠く、ミノーでは届かないようなエリアを狙う際にはジグミノー系統のルアーをお勧めする。泳ぎの安定性はミノーには及ばないが、広範囲を探ることができる。

水深のあるエリアの場合

また、水深のあるエリアで表層までヒラスズキが顔を出さない場合には、シンキングペンシルやバイブレーションといったルアーも効果的だ。

ただし、これらのルアーは根がかりすることが多く、使用には注意が必要だ。ミノーでどうしても食わせきれない場合に使用するとよいだろう。

ヒラスズキを狙ってみよう

本記事を読了したのなら、タックルに関してはもう問題ないだろう。ソルトルアーアングラーならだれもが一度は手にしてみたいヒラスズキを、この冬に仕留めてみるのはいかがだろうか。

タグ: