食味も抜群!初心者のための「ヒラスズキ」の釣り方徹底解説

タグ: / / / / / /
2016年12月13日 (最終更新日:2017年08月08日)

目次

  1. ヒラスズキ狙いのポイント
  2. ヒラスズキ用ロッドの選び方
  3. ヒラスズキ用リールの選び方
  4. ヒラスズキ用ラインの選び方
  5. ヒラスズキ用ルアーの選び方

ヒラスズキ用のラインの選び方

メインラインの素材と太さ

メインラインはPEラインを使用する。ラインの号数は、1.5号を基準として、青物が混じるエリアでは2号まで上げておく必要があるだろう。

また、ヒラスズキ釣りではラインが痛むことが多く、その都度ラインをカットしていると150m巻きのものでは少ないと感じることが多々ある。そのため多少値は張るが、初めから200m巻きのものを巻くようにすることをおすすめする。

おすすめのメインライン

YGKよつあみ「G-SOUL X8 UPGRADE」

8本撚りで強度も抜群のライン。多少値は張るが、信頼できるアイテムだ。

リーダーの素材と太さ

フロロカーボンを1ヒロほど装着

リーダーはフロロカーボンのものを用いる。磯際で、かつストラクチャーが多いエリアがメインとなるヒラスズキ釣りでは、ラインが根に擦れることが多々あるので、ナイロンリーダーでは物足りない。

強度は30lbを基準として、青物が混ざるエリアや極端に根の荒いポイントでは40lbを使用していく。リーダーは結び目がガイドに入らない程度に、1ヒロ程度を目安にする。

おすすめのリーダー

クレハ「シーガー ショックリーダー Premium MAX」

PRラインとの結束強度を高レベルに発揮できるソルトルアーゲーム専用リーダー。適度な伸び、結節強度、衝撃強度、耐摩耗性、しなやかさを高レベルで実現してある。

【次ページ:ヒラスズキ用ルアーの選び方】

タグ: