食味も抜群!初心者のための「ヒラスズキ」の釣り方徹底解説

タグ: / / / / / /
2016年12月13日 (最終更新日:2017年08月08日)

目次

  1. ヒラスズキ狙いのポイント
  2. ヒラスズキ用ロッドの選び方
  3. ヒラスズキ用リールの選び方
  4. ヒラスズキ用ラインの選び方
  5. ヒラスズキ用ルアーの選び方

ヒラスズキ用リールに求められる性能

耐久性の高いリールが必要

ヒラスズキ釣りは基本的に苛酷な環境下での釣りとなることが多く、全身に波しぶきをかぶることも多々ある。そのため、リールに海水が浸入することも多く、塩噛みが発生しやすい。

加えて、ドラグを出さないパワーファイトが求められるケースが多いため、リール自体の剛性の高さや海水対応性が要求される

ハンドルノブは丸型がおすすめ

ハンドルノブに関しては、一般的なT字型のハンドルノブではなく、丸形をおすすめする。繊細なルアーアクションを加えるためにはT字型のほうが有効的だが、パワーファイトをする際に力を込めることができるのは、丸形だからである。

これらの要求を満たすために、シマノ[SHIMANO]ではSW系列のリール、ダイワ[DAIWA]ではマグシールドの搭載されたリールを購入することをおすすめする。

適した番手は

シマノであれば、4000~5000番、ダイワであれば3000~3500番がおすすめである。その中でも自重を軽くすることに特化したモデルよりも、多少なりとも自重は重くとも、剛性の高いリールをおすすめする。

また、巻きは重くなるが、XGやSHのようなギア比の高いリールがおすすめ。ラインスラッグを素早く回収することで、ルアーの無駄な動きを抑えることができるためだ。

ライン容量に関していえば、PE1.5号が200m巻けるようであれば問題ない。

おすすめのヒラスズキ用リール

前述した条件を満たすおすすめのリールを紹介しよう。低価格ながらもパフォーマンスの高いモデルだ。

シマノ「スフェロス SW」

ソルト対応で丸型ノブを搭載したリール。実売価格は12,000円前後。

ダイワ「ヴァデル」

マグシールドを搭載したリール。2015年に発売され、実売価格14,000円でスペックの高いモデルだ。

【次ページ:ヒラスズキ用ラインの選び方】

タグ: