テーマ別

トップページ>その他>ライントラブルの原因になる「糸クセ」の直し方

キャプチャ (48)

24841アクセス 2015年12月25日

ライントラブルの原因になる「糸クセ」の直し方

キャプチャ (48)

出典:レオン加来匠-アジング-メバリング-細フロロ糸グセの直し方 – YouTube

スプール径の小さいリールにフロロカーボンやエステル系のラインを巻くと多発する「糸クセ」。放っておくと後々ライントラブルのもとになり、メインラインの大部分をカットしなければならないこともある。

今回は、ライトゲームで細いフロロやエステルラインを使用している際の糸クセの治し方をご紹介する。他の釣りでも応用可能だ。

糸クセの治し方

  1. ルアーのフックをクーラー等に引っかける。なるべく外れにくい場所に引っかけるようにしよう。
  2. ドラグをゆるゆるにして、歩きながらキャストする距離の2倍程度ラインを出す
    作業にスペースを使うため、周りに人がいないか十分に注意し、フックが引っ掛けている場所から外れないように注意しよう
  3. ドラグをゆるゆるにしているため、ここでドラグの調整をしておく。
  4. “これ以上引っ張るとラインが切れてしまう”というくらいまでゆっくりと引っ張る

このようにしてラインを伸ばすことにより糸クセが取れ、その釣行時には快適に釣りをすることが可能だ。

早速試してみよう

ライントラブルの原因となる糸クセ。周囲の安全に十分注意して、今回紹介した治し方を試してみてほしい。

関連商品

サンライン(SUNLINE) SaltiMate 鯵の糸 エステル 240m 0.3号/1.5lb
サンライン(SUNLINE)
売り上げランキング: 29,495

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト