テーマ別

トップページ>シーバス>連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第3回 シマノ ストロングアサシン】

名称未設定

4113アクセス 2015年12月25日

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第3回 シマノ ストロングアサシン】

名称未設定

出典:エクスセンス ストロングアサシン 103F/123F AR-C[EXSENCE Strong Assassin 103F/123F AR-C]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ソルトルアーアングラーの多くが熱中し、憧れのターゲットにもなっているヒラスズキ。本連載では、晩秋から初春がハイシーズンであるこの魚に効果的で編集部員がおすすめできるルアーを紹介しよう。

今回も第1回第2回と同じくフローティングミノーでシマノ[SHIMANO]から発売されている「ストロングアサシン」を紹介する。通常ヒラスズキで使用する120mm以上のミノーで食わせきれないときに用いるミノーだ。

シマノ[SHIMANO]・ストロングアサシン103F[Strong Assassin 103F]

ストロングアサシン103F[Strong Assassin 103F]の特徴

シマノ独自の技術である「AR-C(All Round Casting)システム」を搭載したミノーである。このシステムのおかげで同サイズのミノーのなかでは抜群の飛距離を誇る。また一般的に立ち上がりが悪いとされる重心移動型のミノーでありながら、驚異の立ち上がりの良さを実現している。

貫通ワイヤーを搭載しており、大型のヒラスズキや青物が掛かっても、フックアイが壊される確率を低下させているところも注目すべき点であろう。ボディが太いため、強い流れに負けず、力強い泳ぎで魚にアピールする。

ストロングアサシン103F[Strong Assassin 103F]の使い方

ヒラスズキを狙う際には一般的に120mm以上のミノーが使われるケースが多いが、ベイトサイズが小さい場合など、そのサイズでは食わないケースが多々存在する。そういった場合のフォローとしてこの103mmのサイズを使用することをおすすめする。

サイズは小ぶりであるが、ST-46#2が搭載されているので、フックが伸ばされる心配も少ない。カラーは全部で8色の展開となっているが、中でも定番のレッドヘッド、フラッシング効果が期待されるクリアイワシを強く勧める。

ストロングアサシン103F[Strong Assassin 103F]のスペック

全長(mm) 自重(g) 価格(円)
103 19 2,000
123 24 2,000

フォローベイトに最適

小ぶりながら大型のルアーに負けない飛距離と泳ぎが魅力のこのルアー。フォローベイトとしても優秀なルアーなので、積極的に使っていこう。

Amazonで購入

同じ連載の記事

連載:編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第1回 アイマ sasuke裂波】

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第2回 アイマ sasuke剛力】

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第3回 シマノ ストロングアサシン】

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第4回 タックルハウス K2F 142】

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第5回 デュオ ビーチウォーカー ファルクラム】

連載 : 編集部員おすすめヒラスズキ用ルアー【第6回 ジャンプライズ ぶっ飛び君95S】

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト