初心者でも楽しめる! 手軽に狙える「カサゴ」の釣り方まとめ

タグ: / / / /
2017年01月12日 (最終更新日:2017年06月12日)

目次

  1. カサゴはどんな魚?
  2. カサゴが釣れるポイント
  3. カサゴ釣りの道具
  4. カサゴの釣り方
  5. カサゴの美味しい調理法

カサゴのおいしい調理法

カサゴは綺麗な白身で非常に美味な魚。最後に、おすすめの調理法をご紹介しよう。

カサゴの捌き方

カサゴは鰭の棘が鋭いため、刺されないように注意して捌くようにしよう。

から揚げ

カサゴの定番料理といえばから揚げ。20cm前後の小振りのものをまるごと揚げるのがおすすめ。2度揚げすれば骨を気にすることなく食べることが可能だ。

パプリカや人参、玉ねぎなどを入れた餡を掛けると彩も増し、酒のつまみにもご飯のおかずにも最適だ。

煮つけ

しっかりとした白身は煮つけにしても絶品。臭みもなく、大型個体は皮のぷりぷり感も楽しめる。

熟成刺身

新鮮な刺身ではしっかりとした身の食感を味わうことができるが、熟成させることで旨みの強い、もっちりとした刺身に変身する。カサゴをはじめとする根魚はこの熟成にもってこいの魚だ。

熟成というと難しく聞こえるが、3枚に捌いた身の鱗や血、内蔵などを綺麗に取り除き軽く塩を振り、キッチンペーパーで包んでラップをして冷蔵庫で寝かせるだけ。最大で5日間ほど寝かせれば適度に水分が抜けて旨み成分が増えて凝縮し、違った味わいの刺身が完成する。

沢山釣れて普通の刺身に飽きた場合には是非試してみてほしい。

連載:釣った魚を美味しくする技術【第1回 熟成】

釣りすぎには注意しよう

カサゴは非常に成長が遅い魚で、釣りすぎると釣り場からいなくなってしまう可能性もある。特に冬にかけてはお腹に卵を持った個体が多く釣れるが、資源保護の観点からなるべくリリースしてあげよう。

マナーを守ってカサゴ釣りを楽しむようにしたい。

関連商品

の商品画像

参考価格 : 未定円

タグ: