テーマ別

トップページ>その他>ファミリーフィッシングに必須! 子ども用ライフジャケットの選び方とおすすめ製品

6051289300_b74bd24ec4_b (1)

2896アクセス 2015年12月16日

ファミリーフィッシングに必須! 子ども用ライフジャケットの選び方とおすすめ製品

6051289300_b74bd24ec4_b (1)

出典:life in order. | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0

どんな釣りでも必要な「ライフジャケット」。特に子供と同行する場合なら何がなんでも準備し、忘れたら釣りを中止する必要があるほど必須といってもいいアイテムだ。

今回は 子ども用ライフジャケットの選び方とおすすめ製品を紹介する。冬シーズンに釣りをしない人でも来シーズンに忘れないようにチェックしておこう。

子ども用ライフジャケットの選び方

ライフジャケットのタイプ

子ども用には膨張式などではなく、固形浮力材が入っているタイプがおすすめだ。子どもはライフジャケットの扱いが雑である場合が多く、膨張式は万が一の際に故障していると機能しないため危険な場合もある。

手入れも楽で、確実に機能する固形浮力材タイプを購入しよう。

浮力に注意

ライフジャケットや救命胴衣には「浮力」が国の基準で定められていてる。大人は7.5kgが基準で、子どもの場合は体重の10%程度が目安になる。

この浮力の設定は、ライフジャケットの内側のケアラベルや洗濯ラベルなどに記載されているので、しっかり確認して子どもの体重に合っているかどうかを確認して購入しよう。

きちんと固定できるかに注意

ライフジャケットを着用していても落水の衝撃や、海や川の流れで外れては意味がない。きちんと子どもの体にフィットし固定できるものを購入しよう。

おすすめのライフジャケット

オーシャンライフ

国土交通省の認可を受けているライフジャケット。110〜130cmの子ども向けで適正体重は40kg未満。簡単に脱げないように4箇所も固定できるので、いざというときにも安心のジャケットだ。

ブルーストーム

こちらはフロントジップモデル。こちらも簡単に脱げないように股下にコードがついてあるので、落水時にも安心だ。110〜120cm、10kg〜25kgの子どもに対応。

着用後は必ず確認を

子どもにライフジャケットを着用させた後は、肩の部分のパットを持って簡単に脱げないか確認するようにしよう。脱げずに子どもが持ち上がればジャケット着用は完璧だ。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト