テーマ別

トップページ>その他>突然変異!? 伊勢湾で「黄金ヒラメ」が水揚げされる

20151216171758

6147アクセス 2015年12月16日

突然変異!? 伊勢湾で「黄金ヒラメ」が水揚げされる

タグ: /

20151216171758

出典:鳥羽磯部漁業協同組合 お魚いきいきドットコム

三重県南東部に位置する鳥羽市の離島「答志島」で、漁師の山下孝貴氏が網に掛かっていた黄金色のヒラメを水揚げした。体長70cm、体重4キロもある座布団サイズだ。

突然変異の個体か!?

このヒラメの寄贈を受けた鳥羽水族館飼育研究部の玉置史人氏は「体の色素が欠落したのではないか」と推測。

金色のヒラメは稀に生まれることがあるが、体色変化ができない色彩変異個体のため、産まれる確率がかなり低い上、擬態ができないため、体がまだ小さいうちに天敵に捕食されてしまうことがほとんど。

自分がエサを捕る際も目立ち過ぎて、捕食することが非常に難しく「ここまで大きく育つのは珍しい」と驚きを隠せない様子だ。

伊勢志摩地域では2016年5月にサミット開催を控えており、地元の鳥羽磯部漁協答志支所でも「地域に明るい話題が多かった一年を象徴する魚」と喜んでいる。

関連商品

ルアーヒラメ釣りたい人の基本と応用―ヒット率…上昇中! (CARTOP MOOK)
Salty!編集部
交通タイムス社 (2015-04-25)
売り上げランキング: 272,083

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト