トップページ>その他>釣果に繋がる! ルアーを真っ直ぐ泳がせるアイのチューニング(トゥルーチューン)方法

釣果に繋がる! ルアーを真っ直ぐ泳がせるアイのチューニング(トゥルーチューン)方法

タグ: /

アクセス 2015年12月15日

ミノーやクランクベイトを使用していると、真っ直ぐ巻いているにもかかわらず、右に泳いだり左に泳いだりすることがある。

この症状は、どこかにぶつけてルアーのアイが曲がってしまった場合にも起こるが、新品のものでも起こることも多い。

今回は、そんな曲がって泳ぐルアーを真っ直ぐ泳ぐように調整するチューニング「アイチューン(トゥルーチューン)」の方法をご紹介しよう。

アイチューン(トゥルーチューン)に必要な道具

アイチューナーもしくはプライヤー

アイチューンをするためのアイテムが市販されている。

これは、両端に複数の溝があり、大抵のアイの幅ならばピッタリはまるように作られている。

また、アイチューナーがなければプライヤーで十分。ただし、スプリットリングプライヤーは先端がかぎ爪状になっているためラインアイを挟み難く、アイチューンには向かない

先端がなるべく広く、平らなプライヤーを用意するようにしよう。

アイチューン(トゥルーチューン)の方法

アイチューンの方法はいたって簡単で、ルアーが曲がってしまう方向とは反対側にアイを曲げるだけ。

アイチューナーの場合はアイにピッタリとはまる溝を探し、プライヤーの場合は先端でアイを挟み、曲がる方向の反対側へアイチューナーもしくはプライヤーを倒す。

一度でピッタリと調整するのは難しいので、少しずつ曲げては泳ぎを確認する動作を繰り返し、ベストな状態に調節しよう。大きく曲げすぎるとルアーの破損につながるため注意が必要だ。

アイチューン(トゥルーチューン)を用いたテクニック

アイを曲げるとルアーが右もしくは左に曲がって泳ぐことを利用して、障害物などによりタイトにルアーを通すというテクニックが存在する。バス釣りのクランクキングで良く使うテクニックだ。

アイチューンすると障害物にクランクベイトのリップが当たってイレギュラーなアクションをしやすくなるため、リアクションバイトを狙うことができるのである

シーバスゲームでも、正確なキャストが難しく、シーバスが着いているポイントにタイトにミノーなどをを通すことが難しいフィールドなどで試してみると良いだろう。

この場合、障害物のある方向にアイを曲げて調節をする。曲げすぎてルアーが泳がなくなったり、水面から飛び出さない程度にアイチューンするのがコツだ。

アイチューン(トゥルーチューン)で釣果アップ

ルアーが斜めに泳いだり水面から飛び出してしまっては、魚はルアーを見切ってバイトしてこない。

しっかりとアイチューンすることが釣果アップにつながるだろう。

関連記事

修理に出すより安くて早い!ロッドガイドの交換方法まとめ

連載:釣り具の取り扱いのキホン【第4回「ルアー編」】

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト