テーマ別

トップページ>その他>アニサキスを食べてみた!? 驚きの実食レポートが公開される

20151213193254

53631アクセス 2015年12月13日

アニサキスを食べてみた!? 驚きの実食レポートが公開される

20151213193254

出典:寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に喰ってみる | 野食ハンマープライス

人体に入ると強烈な腹痛をもたらす寄生虫「アニサキス」。海に生息する魚の内臓などに寄生していることのあるこの寄生虫は、サバやイカなどに寄生していることが多い。

釣った魚はもちろん、スーパーで丸魚で売っているものにも例外ではないため、毎年食中毒を起こす人は絶えない。

まさかのアニサキス実食レポート

当サイトでもアニサキスを食べてしまった場合の症状や、食べないための対処法などを紹介してきたが、あろうことかアニサキスを敢えて実食した方のブログを発見した。

体を張った実食レポートを公開しているブログ「野食ハンマープライス」を紹介しよう。

寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に喰ってみる | 野食ハンマープライス

まずは食感

生きたまま体内に入られてしまうと最悪なので、伸びた状態のアニサキスの片方をピンセットでつまみ、もう片方を口に入れて歯を立ててみると…

しわい!(岡山の方でよく使う言葉・固くて噛み切れない様子のこと)

春雨程度のものを想像していたが、実際は輪ゴム、いや軟質プラスチックほどの固さがある。
口から取り出してみても相変わらずのた打ち回る。
とてもじゃないが、刺身中にいるアニサキスを噛んで殺すなんてことはできそうにない。
こりゃあ無理だわね…

出典:寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に喰ってみる | 野食ハンマープライス

食感は軟質プラスチックようだという。当サイトでも非推奨の対策法「噛んで殺す」だが、とても実施できないような硬さ。

筆者も一度指でつまんで硬さを確かめたことがあったが、口に入れることはできなかった。ブログ運営者の勇敢さに脱帽だ。

次に味

今度は加熱殺虫した状態のアニサキスだけを食べてみることにした。

沸騰したお湯で1分ほど茹でた後、念のため半分に切ったものを実食。

噛み切れねぇや。
加熱後のアニサキスは輪ゴム度がますます増していた。食感的にはちょっとカタい小骨くらいだが、冷静に味わっていると気付いてしまうかもしれない。
まあキノコムシなんかと一緒で、タダのタンパク質だと心頭滅却できれば何の問題もないのだが。
(もちろん、過去に一度でもアニサキス症になった人は試さないで下さい!)

出典:寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に喰ってみる | 野食ハンマープライス

一度茹でた後のものを実食した様子。さらに固くなり噛み切れなくなるようだ。

その他の記事も必見!

体当たり的な企画に挑戦した「野食ハンマープライス」。その他バラムツやアブラソコムツの実食レポートなどなかなか経験できない記事がたくさん掲載されている。アニサキス以外の記事も要チェックだ。

ブログはこちらから

野食ハンマープライス

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト