テーマ別

トップページ>料理>寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

4088117848_ac5b67557d_b (1)

2847アクセス 2015年12月06日

寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

タグ:

4088117848_ac5b67557d_b (1)

出典:Hot Pot Udon | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0

温かく、だしの風味で素材の旨みが生かされる「鍋」は、冬を代表する料理。特に昆布だしであっさり煮込んでポン酢で食べる「ちり鍋」や、魚介だしで煮込んだ「海鮮鍋」は釣ってきた新鮮な魚で作ると格別の旨さだ。

今回はそんな鍋料理にぴったりな冬の釣魚と、鍋を作る際に魚の臭みを出さない下処理方法を紹介しよう。

鍋料理にぴったりな釣魚

fish-428056_1920

カサゴ

穴釣りなどで年中楽しめるターゲットのカサゴ。中型のものから鍋にしやすく、淡白な身がだしとマッチして美味しい。小型のものが釣れたらリリースするようにしよう。

カワハギ

餌取り名人で有名なカワハギ。冬は肝が大きくなり、身も刺身や鍋などで美味しく頂ける。身に臭みがなく、ちり鍋など味付けの薄い料理で食べると素材の味を堪能できる。

真鯛

魚の王様のマダイも鍋にぴったりの料理。刺身や焼き物、揚げ物でも美味しいが寒さが厳しいときや、手軽に料理したいときは鍋にしてみよう。煮込むのではなく、薄く切って「鯛しゃぶ」にして食べても絶品。

サケ

釣れるのは日本北部に限られるが、サケも脂が乗って非常に美味しい魚。昆布だしに味噌を加えた北海道の郷土料理「石狩鍋」で食べると、体の芯から温まること間違い無し。釣魚でなくとも食べたい料理だ。

ブリ(ツバス・ハマチ)

寒ブリと呼ばれる冬のブリは脂がのり、刺身から蒸し料理、揚げ物まで様々な食べ方で美味しいが、なんといっても「ブリしゃぶ」や鍋料理は食卓が賑わうこと間違い無し。

ファイトも楽しめ、その後の料理でも楽しめる最高の魚だ。

その他

その他にもまだまだ鍋料理で美味しく食べることのできる魚は存在する。以下にまとめておくので、ターゲット選びの参考にしてみよう。

  • ムツ類
  • クエ
  • キンメダイ
  • ホウボウ
  • ヤガラ
  • タラ
  • カレイ
  • サワラ

【次ページ:鍋料理に使う魚の下処理方法】

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト