夢の大型高級魚が狙える! キジハタ (アコウ) の釣り方徹底解説

タグ: / / / / / / /
2017年11月23日 (最終更新日:2017年11月30日)

高級魚で食味がよいということからも近年人気沸騰中のターゲットであるキジハタ(アコウ)。

今回は、そんなキジハタの釣り方を徹底解説していく。ぜひ参考にしてほしい。

目次

  1. キジハタとは?
  2. キジハタの釣れる場所
  3. キジハタ狙いのタックル(ルアー編)
  4. キジハタ狙いにおすすめのルアーまとめ
  5. キジハタの釣り方(ルアー編)
  6. キジハタの釣り方(ルアー編 その2)
  7. キジハタ狙いのタックル(餌釣り編)
  8. キジハタ狙いにおすすめの餌まとめ
  9. キジハタの釣り方(餌釣り編)
  10. キジハタ釣りにおける注意点と必要装備まとめ

キジハタとは?

西日本に多い魚

キジハタは、日本では青森県以南の沿岸域に生息するハタ科の魚。最大で60cmほどになる。

比較的温暖な海域を好み、瀬戸内海や九州等で魚影が濃い。

単独で生活することが多く、日中は岩陰などに隠れ、夜になると活発にエサを追う。

釣り人の間ではカサゴ等と共にロックフィッシュ、または根魚と呼ばれている。大型になるにつれ魚食性が増すのが特徴だ。

根魚ではあるが…

前述の通り根魚の一種として親しまれているキジハタだが、カサゴ等に比べ活発に餌を追う傾向がある。

特にイワシ等の小魚やイカ類も捕食するため、時には表層付近まで餌を捕食しにやってくることもあるほどだ。

キジハタを狙う際には根魚だからといって底付近のみを狙うのではなく、中層から上まで狙ってみると好釣果に繋がる場合も多い。

「アコウ」は地方名

キジハタの代表的な別称として「アコウ」という呼び名があるが、これは元々関西方面におけるキジハタの地方名である。

しかし、関東でアコウと言うと「アコウダイ」という深海に生息するメバル科の魚を指すこともあり、混同に注意が必要だ。

非常に美味な高級魚

近年釣り方が確立されつつあり人気を集めているキジハタゲームだが、人気の理由のひとつはやはり食味の良さだろう。

西日本ではクエと並ぶ程の高級魚であり、特に大型のものは高値で取引される。適度に脂が乗り旨みのある白身は、刺身はもちろんのこと鍋物や煮物にしても絶品である。

また、熟成させるとさらに旨みが増し、おいしくいただける。

連載:釣った魚を美味しくする技術【第1回 熟成】

釣り上げたら様々な調理法で食べてみよう。

キジハタ釣りのベストシーズン

キジハタの繁殖期は初夏である。また、年中狙うことができるものの、夏から秋にかけてがベストシーズンだ。

【次ページ:キジハタの釣れる場所】

タグ: