テーマ別

トップページ>ロックフィッシュ>カサゴのルアー釣り攻略法! 釣果向上やサイズアップのコツまとめ

FullSizeRender (2)

12070アクセス 2015年11月26日

カサゴのルアー釣り攻略法! 釣果向上やサイズアップのコツまとめ

タグ: /

FullSizeRender (2)

ロックフィッシュゲームの人気ターゲットであるカサゴ。全国各地のあらゆるポイントで釣ることができる手軽さが魅力だ。今回は、そんなカサゴのルアー釣り攻略法を解説しよう。

カサゴの生態

カサゴは北海道南部以南の水深およそ200mまでの岩礁域に生息する魚で、遊泳性が低い。日中は障害物などの影に隠れているが、夜になるとエサを求めて活発になる。肉食性であり、小魚をはじめ、甲殻類やゴカイ類まで幅広い餌を捕食している。

卵胎生であり、12~2月に産仔。繁殖期である冬季になると、カサゴの多くは沿岸に接岸する。つまり、カサゴを狙うには数、型ともに期待できる冬がベストシーズンなのだ。

カサゴが潜むポイント

次に、カサゴを釣るにあたって狙うべきポイントを紹介しよう。

防波堤の際

8582614263_e367eec8d7_k (1)

出典:Dunkerque Breakwater | Flickr – Photo Sharing!CC BY-SA 2.0

防波堤が一つの大きなストラクチャーとなっており、防波堤の際には多くのカサゴが身を潜めている。防波堤の周りの敷石も、カサゴが潜む絶好のポイントだ。

ただしこのポイントはアクセスしやすいことから人気が高く、釣り人が密集していることが多い。

テトラポット

7575796224_6583b79036_k (1)

出典:テトラポッド tetrapod | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0)

こちらも定番のポイント。テトラポットの穴はカサゴの隠れ家のようになっている。

コツはルアーを投入してアタリがなかったらすぐに次の穴を攻めることだ。カサゴが穴の中に居れば、ほぼ確実に何らかの反応がある。

また、狙う際はなるべく中が暗い穴を選ぶと良い。中が暗いということは夜行性であるカサゴにとって好条件であり、日中でも比較的容易に釣れることが多い。

沈み根

沖に点在している沈み根もカサゴが集まるポイント。広範囲にルアーを通して沈み根の位置を把握し、重点的に攻めるようにしよう。

魚の水揚げ場

22095582635_bc48212410_k (1)

出典:Fishing port of Essaouira | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0)

漁港内の漁船が魚を水揚げする場所では、要らない魚を海へと捨てる。この捨てられた魚を食べにカニなどの甲殻類や小魚が集まるり、それを狙ってカサゴなどのフィッシュイーターも集まるというわけだ。

【次ページ:カサゴの釣り方のコツ】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト