テーマ別

トップページ>その他>連載 : 狙えるポイントは無限大! 「カヤックフィッシング」の始め方【第1回 道具編】

kayak

7804アクセス 2015年11月24日

連載 : 狙えるポイントは無限大! 「カヤックフィッシング」の始め方【第1回 道具編】

kayak

出典 : Hobie_Fishing_Worlds_2014 | Flickr – Photo Sharing!CC BY 2.0

陸っぱりからは狙うことのできないポイントに、ボートなどより手軽にアクセスすることのできることから人気のカヤックフィッシング。いざ始めようとすると何が必要か分からない人も多いのではないだろうか?

カヤックフィッシングの始め方を一から解説するこの連載。初回はカヤックフィッシングに必要な道具について紹介しよう。

カヤックフィッシングに必要な道具

カヤック

なにはともあれカヤックは必須。カヤックフィッシングでは主にシットオントップカヤックが使われる。身動きが取りやすく、安定感に優れたある程度横幅のあるものがおすすめだ。

ライフジャケット

身の安全を守るために、何より先に揃えたいのがライフジャケット。

釣り用のライフジャケットを持っている方はそれを流用することもできるが、カヤックフィッシングではパドリングをするため、なるべく身体にフィットするカヤック用を選ぼう。万が一落水した際にも泳ぎやすく、再乗艇しやすいのもポイントだ。

注意すべきなのはインフレータブルと呼ばれる膨らむタイプのライフジャケット。このタイプは膨らむと再乗艇が難しくなるためカヤックフィッシングに向かない。これしか持っていない人は、カヤック用を購入するようにしよう。

帽子

カヤックで海に出ると日差しを防ぐものがないため、熱中症対策のためにも帽子は必須。落ちにくく、蒸れないタイプのものを選ぼう。

サングラス

紫外線対策や照り返し対策のためにも、サングラスは重要。長時間紫外線を浴びると眼病の原因にもなる。夏場は特に気をつけよう。

手袋

手を怪我すると、パドリングで陸に戻る難易度が上がってしまう。万が一の事態を防ぐためにも、手を保護する手袋は重要だ。

また水温や気温が下がった時期には、手袋の有無で体感温度にかなりの差がでる。ネオプレーン製などの温かいものを選ぼう。

携帯電話

防水ケースに入れた携帯電話は必ず持っていくようにしよう。体力が尽きた際や、なんらかの事故が発生した際に救助を呼ぶために必要だ。

必ず充電した状態で、海上保安庁の118番を電話帳に登録して持っていくようにしよう。

【次ページ:スペアパドルなど】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト