初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

なかなか釣れない場合にはこれを試してみよう

小さい針に変更しよう

なかなか釣れない場合は針が大きすぎる可能性が考えられる。大きい針だと低活性時には掛かりが悪く、口に掛かることが多いため、口に掛かると取り込み時にバラシやすい。

小さい針を使えば渋い時にもフッキングに持ち込め、さらに口より奥に刺さりやすいためバレにくいのである。

柔らかい竿を使う

シロギスの捕食方法を知っていれば、アタリはあるが針掛かりしない際の解決法が想像しやすくなる。

柔らかい竿を使うことよって引っ張るようなアタリを弾かないようになる。

また、キス釣りにおいてアワセは重要ではない。

基本的に向こうアワセでアタリがあったらスピードを遅くしたりして追い食いを狙うと良い。

【次ページ:キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方】

タグ: