初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

 

キスの釣り方

針にエサを付けたらあとは投げて(キャスティングして)釣るだけだ。

ここではキスに出会う確立を上げるために、コツも含めて紹介していこうと思う。

投げ方

浜からの投げ釣りでは、キャスティングのテクニックが必要なため、自信がない人は下の動画を参考にしよう。

動作に入るとロッドの先の仕掛けに注意しながら仕掛けの射出角度は45度くらいで投げる。真上からふりおろさず、斜めに振っている点にも注目してほしい。

手前から探る

まず釣り場に着いたら、いきなり遠投せずに手前から探っていくと効率よく数を釣ることができる。

遠投してもアタリが少なく、軽く投げたところでアタリが頻発するといった状況は多いのだ。

また、この時に同時にキスが溜まる地形変化を探るのがコツだ。

釣れたポイントへ再び仕掛けを投入する

キスは群れでいることが多く、一度釣れた場所には複数匹のキスがいる可能性が高い

キャストの正確性が必要だが、同じポイントへ投入できるようにしておこう。

キスの釣果を向上させる仕掛けの動かし方

「引き釣り」を取り入れる

引き釣りとは、仕掛けをゆっくりと手前に引いてきながらキスを誘う釣り方である。

リールを巻いても、竿でさびいて(あおって)きてもいい。

広範囲を探れる

仕掛けを一カ所に止めておく釣りに比べて、広範囲を探ることができる。

また仕掛けをゆっくりと動かすことで、キスが集まりやすい深みやブレイクラインを竿に掛かる負荷で見つけることが出来る。

キスにアピールできる

仕掛けを動かすことで、キスに対するアピールが大きくなる。

エサ取りを避けることができる

キス釣りではフグやメゴチなどのエサ取りが釣れることが多い。

これらのエサ取りは動いているエサを追って食べるのは得意ではないのでキスだけを狙って釣ることが出来る。

多点掛けを狙える

キス釣りではふたつ以上の針を付けた仕掛けを使うことが多く、2匹以上のキスを同時に釣ることを多点掛けという。

引き釣りでは巻きスピードの調節で多点掛けを狙いやすくなる。

引き釣りのコツ

引いてくるスピード

仕掛けを引いてくるスピードは、目安として中型のリールを3秒で1回転させるくらいのスピードから始めよう。

キスのアタリが無い場合はスピードを落とし、キスのアタリがある場合やエサ取りが釣れる場合はスピードをスピードを上げよう。

多点掛けのコツ

多点掛けを狙う際にはまずキスを最も下の針に掛けるようにしよう。

最も下の針に掛けることで仕掛けが張って大きく動くため、それがアピールになり次のキスが食い付きやすくなる。

最も下の針に掛けるためには、キスが食い付くギリギリのスピードで巻くのがよい。

キスの活性によってスピードは異なるので、その日の最適なスピードを探そう。

無事キスがエサに食いついたら、焦らずゆっくりリールを巻いて引き上げよう。これでキス釣り完了だ。

【次ページ:釣れない時に釣るコツ】

タグ: