初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

キス釣りで使用されるエサ

キス1種類を釣るのにもエサの種類は様々だ。

近年では下記で紹介しするバイオワームでもキスをしっかりと釣ることができ、釣り具の進歩を感じることができる。

それぞれのエサの特徴、使い方、価格を理解した上で、自分に合ったエサを選んでみよう。

青イソメ

別名アオムシ、朝鮮ゴカイ、アオケラとも言われる。キス釣り以外においても使われることの多い万能エサ。

他の生きエサよりも安く入手でき、釣果も期待できる。ほとんどの釣具店で年中販売されており入手がし易いのも特徴だ。

よく動いてくれるのでアピール力が高く、発光性もあるため暗くなってからも魚が見つけやすい性質を持つ。

価格は50gあたり500円前後と買い求めやすい。

ジャリメ

別名石ゴカイ、岩デコとも言われる。こちらもキス釣りにおいて、アオイソメと並んでよく使用される生きエサだ。

青イソメとの違いは、全体的に小柄で体が柔らかいため食い込みが良いとされている。

しかし青イソメよりも身切れがしやすく、エサの交換も多く行わなければならない。

チロリ

別名東京スナメ、スナムシ、スナイソメとも言われる。

大型のキス狙いには欠かすことのできないエサで、よく動くため食いが悪いときなどの特効エサとして使われている。

シーズン中であっても釣具店に置いていないことがあるのが難点だ。

バイオワーム

近年、生きエサの代用として発売されているのがこのバイオワーム。

ワームなので生エサを触るのが苦手な女性や子供でも難なく触ることができる。

食い、見た目ともに生きエサ並みで、魚が好むエキスと本物そっくりの形で驚異の釣果をもたらしてくれる。

生きエサの購入を少なくして、万が一エサが足りなくなったらバイオワームを使うことによって、節約にもつながるだろう。

買ったその日に使用しなくても長期保存ができるため、アングラーの財布に優しい「エサ」ともいえる。

エサのつけ方

低活性時はエサを長めにつけるなどとよく言うが、針から数ミリほどの垂らしで問題ない。

長いとエサをつつくだけのアタリが増え、エサを無駄にとられてしまうことも多いことを覚えておこう。

【次ページ:キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣果向上の秘訣】

タグ: