初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

 

キスの投げ釣り用仕掛けの選び方

仕掛けの選び方

キスの投げ釣り用仕掛けは、始めのうちは市販の完成仕掛けで良い

ある程度慣れてきたら自作の仕掛けを作成しても良いが、難易度が高いため初心者にはおすすめしない。

ハリの号数やハリスの太さによって様々なタイプものが発売されているが、ハリに関しては最も汎用性の高い8号のものを選択すると良い。

ピンギスと呼ばれる小型のキスが多く混じり、フッキングに至らない場合には6号のハリを、フグやベラなどの外道が多く掛かる場合には10号のハリを使用すると対処できるケースが多い。

ハリの本数に関しては、一般的に2本バリ、3本バリ、5本バリのものが市販されている。

ハリの本数が少なすぎると仕掛けを頻繁に交換する必要がある一方で、多すぎるとライントラブルにつながる。

そのため、初心者には3本バリの仕掛けがおすすめだ。

ハリの本数に関してはあまりシビアになる必要はないが、多すぎると絡まるリスクが高まり初心者には扱いきれないことが多い。

ハリスを切られたり、根掛かりすることを踏まえ、最低でも1人3セットは用意しておこう。5セット程度手元にあればなお安心だ。

また仕掛けにビーズが付いているものはターゲットへエサの位置を伝え、アピール力が増すのでおすすめである。

ジェット天秤か、海草天秤か

投げ釣り用のオモリには大きく分けてジェット天秤と海草天秤の2種類がある。下記にそれらの特徴を紹介しよう。

ジェット天秤はオモリと仕掛けが一直線になるため、波の抵抗を受けにくく仕掛けが絡みにくいという特徴がある。

その一方でキャストの際にオモリと仕掛けの距離が近くなるため、適切なフォームでキャストしないと絡んでしまうというデメリットもある。

海草天秤はL字型の天秤であり、キャストの際にオモリと仕掛けの距離が離れるため、ライントラブルを起こしにくい

その一方で、海中でサビく際にオモリと仕掛けが離れているため、波の抵抗を受けやすく、障害物に引っかかりやすいというデメリットがある。

どちらもメリット・デメリットはあるが、初心者にはより扱いやすいジェット天秤がおすすめだ。

天秤の重さ

使用すべき天秤の重さはロッドの硬さに依存するが、迷ったら25号のオモリを選択すると良い。

この号数が最も汎用性が高く、扱いやすいからだ。

【次ページ:キス釣りで使用されるエサと、その付け方】

タグ:
ツリバカメラ