初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

キスの投げ釣り用ラインの選び方

投げ釣り用に使用するラインは、一般的な釣りで使用するラインと少し違う側面がある。その点も交えて解説しよう。

メインラインにはPEラインを

メインラインには低伸度で高感度を誇るPEラインを使用しよう。

投げ釣りにおいて、最重要項目である「飛距離」を十分稼ぐためにも、メインラインはPEライン一択であると言って良い。

また、多少高価ではあるが、4本撚りのラインよりも8本撚りのラインの方が糸抜けが良く、飛距離が出るのでおすすめだ。

メインラインの号数と長さ

メインラインにはPEラインの0.8号を200m巻いておこう。

ある程度投げ釣りに慣れてきた人なら0.6号を採用しても良いが、慣れないうちは高切れすることが多いので、まずは0.8号をおすすめする。

力糸の役割とは

他の釣りと違い、投げ釣りに特有なラインが力糸だ。

この力糸はテーパー状になっており、キャスト時の力を分散させ、高切れを防ぐために使用する。

メインラインと仕掛けの間にこの力糸を挟まないと、高確率で高切れを起こすので、必ず力糸を挟むようにしよう

力糸の使用方法

力糸は一般的に0.8号〜6号のような表記で販売されている。

これは一端が0.8号の太さで、そこから徐々に太くなり、最終的にもう一端が6号の太さであることを示す。

メインラインに0.8号のPEラインを使用するのであれば、力糸の0.8号側をメインラインと結束し、反対の6号側にオモリに接続する。

メインラインと力糸の結束には電車結びがおすすめだ。

初心者でも簡単に覚えることができ、なおかつ強度面も十分に確保されている。

【次ページ:キスの投げ釣り用仕掛けの選び方】

タグ:
ツリバカメラ