初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

キスを釣るのに使う釣具

キスを浜や堤防から釣るときの釣具はふたつに分けられ、ボートや船から釣るときはひとつだ。

ここでは、初心者が砂浜からキスを釣り上げるための投げ釣り用タックルをメインとして詳しく説明していく。

同時にちょい投げ釣りやボート釣り用のタックル詳細も図式で紹介しているので是非参考にしてほしい。

キスの投げ釣り用ロッドの選び方

竿の長さ

キスの投げ釣りで最もポピュラーなのは4m程度のモデルである。汎用性が高く、入手もしやすいため、迷ったらまずこのどちらかの長さの竿を選ぼう。

振り出し式か並継ぎ式か

投げ釣り用の竿には振り出し式のものと並継ぎ式のものがある。並継ぎ式の竿の方が感度と遠投性に優れているが、最も安いもので3万円前後と初心者には手を出しづらい。

そのため、初心者はまず振り出し式の竿を購入することをおすすめする。並継ぎのモデルと比較して持ち運びしやすいため、扱いやすい。

竿の硬さ

投げ釣り用の竿は長さの他に適合オモリの号数によって硬さが分けられているが、まず初めの1本としてはMAX30号程度の竿がおすすめだ。

この硬さの竿が最も一般的で扱いやすいため、初心者にも扱いやすい。

初心者におすすめのキスの投げ釣り用ロッド

入門用ロッドながらも本格仕様となっているため、本格的にキスの投げ釣りが始められるおすすめのロッドを紹介する。

シマノ「ホリデーサーフスピン〈振出〉」

シマノの投げ釣り用エントリーモデルだ。軽量のカーボン製ブランクを使用し、軽快なキャストフィーリングを得られる。

ダイワ「プライムサーフT」

ダイワの投げ釣り用エントリーモデルだ。実売価格1万円を切る価格設定ながら、投竿に求められるハリと粘りを備えた本格仕様の竿だ。

プロマリン「プロフィット投釣リセット」

超初心者で、竿もリールも何でもいいという方にはこちらがおすすめ。

竿とリールがセットになって2,300円という破格の値段設定だ。特にこだわりが無い人は、これを選ぼう。

【次ページ:キスの投げ釣り用リールの選び方】

タグ: