初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではの捕食の特徴
  11. キス釣りに便利な道具紹介
  12. [番外編] 竿もリールも何でもいい!安価で釣れればいい人向け解説

パッとひと目でわかるタックル例

浜からは「投げ釣り用」で

砂浜から仕掛けを遠投するための道具。ロッドと道糸、リール以外の仕掛け部分は完成品の状態で販売してあるので、これから始める人はロッドとリール、道糸を揃えよう。

本格的にキスの投げ釣りを始めたい人にはこちらをおすすめする。

堤防からは「チョイ投げ用」で

堤防や河口などの手前に投げるための道具。

チョイ投げ用の仕掛けも完成品の状態で販売しているので、ロッドとリールと道糸を揃えよう。

チョイ投げ釣りは楽にはじめることができる釣り方でもある。

船からは「ボート用」で

船で釣る際は、水深が頻繁に変わるため、重りの位置を変えながら釣れるタナ(水深)を探す。こちらの仕掛けも完成品を購入できる。

【次ページ:キスの投げ釣り用ロッド(竿)の選び方】

タグ:
ツリバカメラ