初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

投げ釣りの際に便利なアイテムを紹介

投げ釣りの際にあると便利なアイテムを下記に紹介する。

あるとないとでは全然ちがう便利なアイテムばかりなので、ぜひ揃えてみてほしい。

ハピソン 「計測グリップ ミニ」

釣ったシロギスを直接手で触れずにハリから外すことができる優れものだ。ホールド力に優れているため、しっかりと魚を掴んで離さない。

キスだけでなく、アジやメバルなどを狙ったライトゲームの際にも活躍する。1本手元に置いておいて損はないだろう

また、魚を撮影するだけで自動的に魚のサイズを計測してくれるという便利機能付きだ。

第一精工 「サンドポール」

投げ竿を立てかけておくのに役立つグッズだ。仕掛けを交換したり、魚をハリから外す際などに立てかけておけば、地面にタックルを置かずに済む。

特にリールを砂浜においてしまうと、砂を噛んでしまい故障の原因となる。そのため、末長くタックルを使用するためにもこの「サンドポール」は重要なアイテムだ。

ダイワ「クールラインα」

上記に紹介した「サンドポール」に類似した投げ竿用ロッドスタンドが備え付けられたクーラーボックスだ。

この他にもシンカーホルダーに、エサや小物の収納に便利なトレーがついており、投げ釣り専用仕様となっている。

虫餌は暑さに弱いため、クーラーの中に保存しておくと長持ちする

メイホー「イソメの友」

虫餌をハリにつける際には滑ってつけにくいことが多々ある。そんな時に滑り止めとして便利なのが本製品だ。

虫餌に軽くまぶすだけで、ヌメリを取り除き、扱いやすいようになる。エサ付けに苦労する初心者にはぜひおすすめした製品だ。

【次ページ:とにかく安く簡単に釣りたい人向け解説】

タグ:
ツリバカメラ