初心者でも釣れる! 投げ釣りで狙えるキスの釣り方を徹底解説

タグ: /
2017年06月30日 (最終更新日:2018年04月26日)

目次

  1. キスってどんな魚で、いつ釣れる?
  2. ひと目でわかるタックル(道具)一式
  3. 投げ釣り用ロッドの選び方
  4. 投げ釣り用リールの選び方
  5. ライン(釣り糸)の選び方
  6. 投げ釣り用仕掛けの選び方
  7. キス用のエサの選び方、エサのつけ方
  8. キスの釣り方、キャスト(投げる)方法、釣るコツ
  9. キスがどうしても釣れない場合の奥の手
  10. キスの捕食シーン、キスならではのエサの食べ方
  11. キス釣りに便利なアイテム紹介
  12. [番外編] とにかく安価で釣れればいい人向け解説

シロギスの捕食シーン

手軽に始められ、初心者でも数が釣れることで人気が高い「キス釣り」。

独特のブルブルとしたアタリが魅力だが、小型のものや活性が低い時には大きなアタリがあっても針掛かりしないことも多い。

以下では、なぜアタリがあってもキスが針がかりしないのかがわかるシロギスの捕食シーンを捉えた動画を紹介する。

シロギスの捕食の特徴

おちょぼ口

シロギスはその姿から分かるように口が小さく、一口でゴカイなどのエサを捕食することが出来ない。

引っ張るような捕食

シロギスはエサの端を咥えて引っ張るように捕食する。同サイズの他の魚よりもシロギスのアタリが大きいのはこの捕食方法が原因だ。

首振り

シロギスはエサを捕食する際に首を左右に素早く振っている。これがシロギス独特のブルブルとしたアタリを生んでいる。

【次ページ:キス釣りに持っていくと便利なアイテム】

タグ:
ツリバカメラ