トップページ>その他>釣行も街歩きも! Tevaのウィンターブーツ「Highline Textile」を徹底レビュー

釣行も街歩きも! Tevaのウィンターブーツ「Highline Textile」を徹底レビュー

タグ: / /
2015年11月19日

履き心地

次は履き心地のレビューだ。陸っぱりでの使用を考えているため、動きやすさが重要。ホールド感や、暖かさ、着脱のしやすさなどについて評価していこう。

2015-11-18 19.44.44

写真からもわかるように、Highline Textileは足首まで覆うタイプのブーツ。シューレースをキッチリ締めれば、ピタッと密着するような、かなりのホールド感を得ることができる。

筆者は普段27.5cmのスニーカーを購入し少しゆとりを持って履いているが、本製品も同サイズを購入したところ少しキツいくらいの感覚だった。足幅が広い人や、そこまで密着させずゆとりを持って履きたい人は、いつもの靴よりもワンサイズ上を選ぶと良さそうだ。

このブーツを着用してサカナクションのライブに参加したが、2時間ほど踊り続けても疲れない軽さと、ソールのゴムの衝撃吸収性の高さには驚いた。

2015-11-18 19.23.10

また、ウィンターブーツなだけあって、内部にインナーがあり着用時は非常に暖かい。日本であれば真冬の釣行でも保温性能は十分だろう。なおインナーは着脱可能なので、本体と分けて洗ったり干したりすることもでき、衛生的だ

インナーの足首部分が細いため、着脱はしにくい。慣れないとれないと脱ぎ履きにストレスを感じることもあるだろう。釣行後のように、長時間立ちっぱなしだと足が「むくむ」ため、脱ぎにくくなる。その点も視野にいれてサイズを選ぼう。

しかしシューレースの滑りは非常に良く、結んだり解いたりはスムーズ。慣れれば素早く着脱することも可能だ。

【次ページ:防水性のレビュー】

タグ: