テーマ別

トップページ>その他>貴重な釣具を盗まれないように! 「車上荒らし対策」まとめ

5240133341_58b43d592a_b (1)

14052アクセス 2015年11月18日

貴重な釣具を盗まれないように! 「車上荒らし対策」まとめ

タグ: /

5240133341_58b43d592a_b (1)

出典:Lonely Car | Flickr – Photo Sharing!

釣りのために長時間車から離れる釣り人の車は、犯行後の発見が遅れることが多いことから、車上荒らしのターゲットになりやすい。その証拠に、TwitterやFacebookなどでは被害報告も多々投稿されている。

今回は車上荒らしに遭わないための、基本的な対策を紹介しよう。

車上荒らしの犯行手口とは?

車上荒らしの手口は、鈍器で窓ガラスを割る・鍵を工具でこじ開けて侵入するなど、強引ながらも短時間で行われるものが多い。


釣り人が駐車する場所は人気がなく、目撃者が出ることも少ない。さらに財布や貴重品、高価な釣具を車内に置いている場合もあるので、現金はもちろん、盗品の販売目的などでターゲットにされるのだ。

車上荒らしの被害に遭わないための対策

貴重品を車に置いていかない

車内に財布や高価な金品などの貴重品を置いていかないようにしよう。釣りで汚したくないと思って置いていくと、万が一車上荒らしの被害にあった際に被害が大きくなる。

特に免許証や保険証、銀行カードの入った財布などは、面倒でも必ず携帯しよう。車内の見える場所に置いておくなど、もってのほかだ。

必要以上のタックルを持って行かない

幅広い釣りに対応するために、複数のタックルを車内に置いている釣り人は少なくない。しかし、そのすべてを携帯出来ない場合、一部は車内に置いていくしかなく、それらは犯人達の格好のターゲットになる。

使う可能性が低いタックルは自宅に置いておくようにして、最低限の釣具のみ持っていくようにしよう。

外から車内が見えないようにする

車内に何が置かれているか簡単にわかると、犯人も狙う車を決めやすくなる。内側が簡単に見えないようにシェードなどを装備しておこう。

車内を覗きこむ姿は目撃されると不審なため、犯人が警戒し、犯行に時間がかかるようになるのだ。

音が鳴るカーセキュリティを装着する

衝撃を感知して警報を鳴らすカーセキュリティも有効だ。窓ガラスを破られた衝撃で警報がなるので、犯人に威嚇することができる。

自分自信も音で車に異常があったことを知ることができるので、事件の発見が早くなり、逮捕の可能性も高くなるのだ。

簡単に装着できるものもあるので、人気のない場所に車を停めることが多い方はぜひ採用してほしい。

コムテック 取付簡単OBD2接続タイプ アンサーバックカーセキュリティー XW 410
コムテック(COMTEC) (2014-04-03)
売り上げランキング: 2,500

純正の車の鍵と連動させることができるカーセキュリティ。誤作動の心配が少なく、価格も手頃な商品だ。

車上荒らしに遭ったら?

万全の対策をするのが前提だが、もし万が一車上荒らしにあった場合は、すぐに警察に連絡し、被害を報告しよう。

なお、車のガラス割れや鍵の破損などは車両保険が適用され補償されるが、車内のバッグや衣類、カメラ、レジャー用品については「身の回り品特約」という特約を付帯している必要がある。現金やパソコンなどが補償されない場合もあるので、一度自分の車両保険を確認してみよう。

釣り人を狙う車上荒らしを撲滅しよう

毎年絶えない釣り人を狙う車上荒らし。他人事だと思わず当事者意識を持って被害対策に努めよう。

また、他の釣り人の車を見かけたら、周囲に不審な人物がいないか気を配り合うようにしよう。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト