パームスプロスタッフ沼田純一氏に学ぶ!スロージギングでの真鯛の釣り方とは

タグ: / / /
2015年11月16日 (最終更新日:2018年07月24日)

20151116201011

出典:スロージギングで狙う大型マダイ – YouTube

パームス[PALMS]が、佐賀県の星賀沖でスロージギングで真鯛を狙う、実釣解説動画を公開している。

アングラー沼田純一氏の、冷静かつ分かりやすい解説を参考にしてみよう。

スロージギングでの真鯛攻略法

突っつくような真鯛のバイトに上手く合わせる

噛む力の強い真鯛は青物のひったくるようなバイトとは異なり、突くようにバイトをしてくることが多い。

真鯛を狙って釣るとなれば、このバイトを上手く感じ取りコンパクトにアワセを入れていこう。

ジグの重さやカラーだけでなく、ロッドもローテーションする

その日の活性に合ったアクションを見つけ出すために、ジグのサイズや形状、重さだけでなくロッドのパワーやレングスもローテーションするのがベストだ。

複数のロッドを所持している方は、1本ではなく2本用意した方が攻める幅が広がることだろう。

ターゲットを絞った釣りもスロージギングの楽しみ方だ

タイラバでも真鯛を狙うことはできるが、あえてスロージギングでテクニカルな釣りを見せた沼田氏。

このようにターゲットを絞った様々な狙い方ができるのも、スロージギングの魅力といえるだろう。

スロージギングは通年楽しめる釣りなので、興味がある方はぜひ挑戦して欲しい。

関連商品

タグ: