初心者のための「アジングの始め方」徹底解説

タグ: / / /
2016年10月27日 (最終更新日:2017年10月10日)

目次

  1. アジングロッドの選び方
  2. アジング用リールの選び方
  3. アジング用ルアーの選び方
  4. アジング用ラインの選び方
  5. 釣行が快適になるアジング用アクセサリー
  6. アジの捌き方、一般的な調理法
  7. アジ料理に飽きたらコレ!一風変わった調理法

アジの捌き方

味が良いことからその名前がついたアジ。せっかくなので、釣ったら美味しくいただこう。

捌き方は三枚おろしが一般的。以下の動画はとても分かりやすいので、参考にしよう。

アジの一般的な調理法

日本の食卓で広く親しまれているアジには、様々な調理法がある。ここでは一般的なものと、そのレシピを紹介しよう。

唐揚げ

小アジがたくさん釣れた場合は、三枚おろしにするのも手間だ。そんなときは丸ごと食べられる「唐揚げ」にしてしまおう。

材料

  • 日本酒
  • 塩コショウ
  • 片栗粉

調理法

  1. アジを捌く
    包丁やうろこ落としでうろこを取り、ゼイゴを切り落とした後エラと内臓を取り除く
  2. 飾り包丁を入れる
    火が通りやすいように飾り包丁を入れる
  3. 味付けをする
    日本酒を少々振りかけ、軽く水気が落ちたら塩コショウを振る。その後ペーパータオルで挟み、30分ほど馴染ませる
  4. 揚げる
    全体に行き渡るように、薄く片栗粉をまぶす。そして170℃の油で6〜7分揚げる(その後、二度揚げすると頭や骨まで食べられるようになる)

なめろう

アジの代表的な料理として真っ先に挙げられるのがこの「なめろう」。手間もかからないおすすめの調理法だ。熱々のご飯の上に乗せてしまったら最後、虜になってしまうだろう。

材料

  • 大葉
  • 味噌(アジの総重量の1/2程度)
  • 刻みネギ
  • おろししょうが
  • レモン

調理法

  1. アジを捌く
    エラ、ワタをキレイに取り、頭を落としたら、三枚に卸して皮を剥ぐ。その後血合いの部分を除き、細く引く(コマ切れにする)
  2. 混ぜてたたく
    上記の材料を全てまな板の上に乗せ、全てを一緒に包丁でたたく。粘りが出るまでたたくとよい
  3. 盛り付け
    たたいた後、皿に盛り付けて完成だ。レモンなどを絞るとさっぱりした味付けになる。また、5〜6時間程冷蔵庫で寝かせるとより旨味が増す

小アジの南蛮漬け

南蛮漬けは酸味が食欲を増進させてくれる。また、小アジで作る料理なので、小さいアジがたくさん釣れた時は是非試してもらいたい調理法だ。

材料

  • 片栗粉
  • 人参
  • 玉ねぎ
  • 南蛮酢

調理法

  1. アジのエラと内臓を取り除く
    アジの喉部分を親指と人差指でつまみ、エラを内蔵ごと引き抜く
  2. 他の材料を切る
    人参は千切りに、玉ねぎは薄めのくし切りに、そして青ネギは軽く表面だけ焼いておく
  3. 片栗粉をまぶして揚げる
    キッチンペーパーなどで水気をよく拭き取り、塩を軽くまぶした後、片栗粉をまんべんなくつけ、180℃の油で揚げる
  4. 二度揚げする
    油に残っている揚げカスを取り除き、160℃の油で再度5分程揚げる
  5. 南蛮酢に漬け込む
    野菜と魚を南蛮酢に漬け込み、完成

【次ページ:普通のアジ料理に飽きたらコレ!一風変わった調理法】

タグ: