初心者のための「アジングの始め方」徹底解説

タグ: / / /
2016年10月27日 (最終更新日:2017年10月10日)

目次

  1. アジングロッドの選び方
  2. アジング用リールの選び方
  3. アジング用ルアーの選び方
  4. アジング用ラインの選び方
  5. 釣行が快適になるアジング用アクセサリー
  6. アジの捌き方、一般的な調理法
  7. アジ料理に飽きたらコレ!一風変わった調理法

アジング用ルアーの選び方

最近ではハードルアーを使うこともあるが、アジングの基本はジグヘッドとワームの組み合わせ。アジング初心者はまずはこれで釣果を上げることを目指そう。

アジングに用いるジグヘッドは1g前後、それに2.5インチ程度のワームをセッティングするのが基本となる。このジグヘッドが重すぎると沈むスピードが速くなりすぎ、アジの吸い込むようなバイトが追いつかないのだ。

その日の潮の流れや水深によって使い分ける必要があるが、飛距離を稼ぎたいからと言って重いジグヘッドを使用すべきではない。キャスティング技術の向上で、軽いジグヘッドでも最低限の飛距離を出せるようになろう。

アジング用ジグヘッドの選び方

アジング用ジグヘッドには、ラウンド型(丸型)のものと、矢じり形のものがある。それぞれ誘い方が違うのだが、初心者におすすめなのは、ラウンド型(丸型)のものだ。

こちらは矢じり形のものに比べ潮受けが良く、流れを感じやすい。また、美しいフォール姿勢を描くことができるので、フォール中のバイトを誘発させやすいのだ。

リフト&フォール、ただ巻きどちらの釣りにおいても有効なため、ジグヘッドのタイプに迷ったらラウンド型のジグヘッドを購入するようにしよう。

その他のジグヘッドについては以下の記事を参考にして欲しい。

アジング用ジグヘッドの選び方と、おすすめ5選

アジング用ワームの選び方

アジング用ワームにはサイズ、カラーともに多くの種類がラインナップされている。初心者は迷ったらまず2.5インチで、クリアカラーにラメの入ったタイプのものを買おう。これが最も実績があり、一般的なワームだ。

そして次に、暗い夜にアピール力が高いグローカラー、他の色では攻略しにくい日中のアミ付きパターンに強いピンクやオレンジ系といったカラーを揃えていこう。

日中のアミ付きパターンでは、ジグヘッドをボトムでステイさせて、シェイクすることが有効に働くケースが多いため、引き出しのひとつとして持ち合わせておこう。

大型狙いにはハードルアーも

冒頭で述べたように、アジングの基本はジグヘッドとワームを使った釣り方だが、大型のものを狙って釣る場合はハードルアーを使うこともある。

「尺アジ」と呼ばれる大型のアジを狙う場合は、以下の記事を参考にルアーを選んでみよう。

尺アジ攻略にオススメのアジング用ルアー5選

初心者におすすめのアジング用ルアー

サーティーフォー「ダイアモンドヘッド」

近年の急速なアジングブームを引き起こしたメーカーである34から発売されているジグヘッド。特徴はなんといっても、多面体のヘッドが海中に注がれる太陽光を乱反射し、魚へのアピールを高めるヘッドの形状だ。

また、ジグヘッドには珍しくゲイプがオープンになっており、一度アジの口に入ると吐き出せないような作りになっている。アジング初心者の方は、まず初めにこのジグヘッドから使ってみて欲しい。

レイン「アジアダー」

コストパフォーマンスに優れ、多様な使い方ができるワーム。基本的にはクリアカラー、もしくはクリアカラーにラメの入ったカラーを選ぼう。

潮に乗せて一定のレンジを漂わせるのがオーソドックスな使い方であるが、ただ巻きでも使える。シンプルなストレート系ワームなのでフォール中の姿勢がキレイであり、フォールで食わせ釣りに有効だ。

バスデイ「レンジバイブ 45ES鯵ing」

シーバスルアーとして高い実績と評価をもつレンジバイブ。それをアジング用に小型化したのが、こちらの製品。大型のアジを狙って釣りたいのならば、ひとつは持っておきたいルアーだ。

【次ページ : アジング用ラインの選び方】

タグ: