連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第4回 タイラバ用ラインの選び方】

タグ: / / /
2017年07月14日 (最終更新日:2017年08月11日)

目次

  1. PEラインの太さ、長さ
  2. PEライン購入時の注意点
  3. ショックリーダーの種類・太さ・長さについて

PEラインは4本撚りか8本撚りか

PEラインは細糸が4本、または8本撚り合わせられているラインだ。

どちらを購入すべきかは誰もが迷う点であるが、できるだけ8本撚りのラインを購入するようにしよう

同じ号数でも、8本撚りのほうが直線強度があり、なおかつガイド抜けがよいという利点がある。

多少値は張るが、大物が掛かった時に安心してやり取りができるように8本撚りを選択しよう。

マーキングPEラインを選ぼう

また、数メートルおきにマーキングがされているラインを使えば、何メートルのラインが放出されているのかを目視することができ、タイラバが真下に落ちているのか、流されているのかを見極めることができる

これは、使っているタイラバの自重がその水深に対して適正かどうかを判断する材料となるため、ラインを選ぶ際に欠かせない要素だ。

船釣りでは船長から水深や魚のいる層を教えてもらうことも多い。

そのような場合でもマーキングされているラインであれば、その水深を的確に狙うことが可能となる。

替えスプールを用意しよう

船上でライントラブルが発生すると、修正するのに陸上よりも時間がかかることが多い。

船での釣りは時間の制限があるのが常であるため、余裕があればラインを巻いた替えスプールを用意しておこう。

替えスプールを用意することで、ライントラブルによる時間のロスを大幅に軽減することが可能となる。

【次ページ:ショックリーダーの種類・太さ・長さについて詳しく解説】

タグ: