エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

タグ: / / / / / / / / /
2018年11月06日

目次

  1. エギングとは?エギングの基本的な釣り方
  2. エギングロッドの選び方、アングラーのレベル別おすすめ
  3. ハイギアがいい?エギング用リールの選び方、アングラーのレベル別おすすめ
  4. エギング用ライン、リーダーの選び方、おすすめ
  5. エギの選び方と、おすすめ5選

「エギ(餌木)」とは

エギとは日本古来から伝わる漁具をルアーとして改良したものであり、昨今では最もポピュラーなルアーの一種だ。

基本的には海老を模した形状をしているものが多いが、古くは魚型だったといわれている。

形状については、昨今のエギングブームによって様々な形状のものが登場している。

エギの種類

s__19939331

昔はごく一般的な形をしたエギしか店頭に並んでいなかったが、エギングブームの過熱と共に多種多様なエギが登場した。

上の写真を見ても分かる通り、エギに水を掻き回す脚を取り付けたものや、夜光に特化したモデル、表面がプラスチック素材であるものなど、どれを選べばいいかわからないほどだ。

後ほどおすすめのエギを紹介するが、ポイントや時間帯などあらゆる状況ごとに「釣れるエギ」は変わってくる。

そのため状況に応じて使い分けができるよう、いくつかの種類を持っておく必要がある。

使うエギのサイズ

使用するエギの基本サイズは季節によって異なる。

おおよその基準として、春の大型のイカには3.5号、小型のイカが主体となる秋には2.5〜3号が使われる。

いずれのパターンにも対応できるように2.5~3.5号までのエギを数個揃えておくようにしたい。

エギのカラー

アオリイカを含むイカ類は色盲であり、ピンクやオレンジといった色の識別はできないといわれている。

一方で明暗の識別能力は高く、カラーのコントラストでエサであるかどうかを判断をしているのだ。

そのため釣果を上げるには、多彩なカラーのエギをローテーションさせ、その時々でイカが好むカラーを見つける必要がある。

エギのカラーの選び方

日中はピンクやオレンジといったカラーが定番となる。

これらのカラーはアングラーからの視認性もよいため、サイトフィッシングでも扱いやすい。

定番カラーのほかにも、ナチュラル系の青や緑などのカラーも持っておくと食いが渋い状況にも対応できる。

夜はシルエットをはっきり見せられる赤テープや紫テープがおすすめだ。

また光で強烈にアピールできる夜光ボディも効果が高い。

初心者はこれらのカラーを揃えておけば、ほぼ全ての状況に対応できるといってもいいだろう。

ラトル入りのエギもある

最近では音が出るラトル入りのエギも人気だ。

これはイカの聴覚を刺激することでエギの存在をアピールし、捕食行動を誘発するものである

ラトル入りのエギは、高活性のイカを効率よく探ることに適しており、ランガンを繰り返すアングラーにおすすめだ。

初心者におすすめのエギ5選

ヨーヅリ 「アオリーQ RS」

ヨーズリから発売されている、基本性能を突き詰めたキングオブスタンダードのエギ。

発売当初から根強い人気を誇り、誰が使っても釣果を出せる不朽の名作といえるエギのひとつだ。

エギングの基本を覚えたいのであれば、まずはこのエギをおすすめする。

デュエル「EZ-Q キャスト ラトル」

デュエルから発売されている、エビを模した奇抜な形状なエギ。

「パタパタフット」から生み出されるバイブレーションと、エビが尾を曲げ逃げる時に発する音に似せたラトル音が特徴だ。

シャクラなくても釣れるため、とにかくイカを釣りたいアングラーにもおすすめのエギだ。

ヤマシタ「エギ王K」

ヤマシタから発売されている、安定したフォールがコンセプトのエギ。

スレたイカに対して特に有効で、激戦区のアオリイカを攻略するのには欠かせない。

中でも本製品のケイムラカラーには過去に何度も助けられてきたので、ぜひ初心者にも使ってほしいエギだ。

ダイワ「エメラルダス ダートⅡ」

ダイワから発売されている、ダート性能を高めた形状のエギ。

高い基本性能に加え、左右に動かすダートアクションを演出しやすい。

定番カラーからマニアックなものまで多様なカラーバリエーションがあるため、きっと自分好みのカラーが見つかることだろう。

カンジインターナショナル「クリックスプロスペック」

カンジインターナショナルから発売されている、高い基本性能を誇るエギ。

シャクった後にフォールへ切り替わる際の姿勢やカンナの鋭度など、細部へのこだわりが強いモデルだ。

上級者に愛用されることが多いエギであるが、初心者が使用しても間違いなく釣果をあげられるだろう。

エギングの世界へようこそ

本記事を読んだ方は、エギングの始め方がおおむね理解できたのではないだろうか。

ここから先は釣行回数を重ね、釣り場での経験を積むことでおのずとステップアップしていくことだろう。

まずは最初の一杯をゲットして、一度ハマるとやめられないエギングの魅力にどっぷりハマってほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣解説】エギングは難しくない!知っておきたい基本事項と再現できるヒットパターンを紹介

エギング初心者の壁を越えよう!エギの着底がわかるようになる5つの方法

今日から実践できる!エギング釣果アップのために絶対に意識すべき3つのポイント

 

 

タグ: