エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

タグ: / / / / / / / / /
2018年11月06日

目次

  1. エギングとは?エギングの基本的な釣り方
  2. 入門向けエギングロッドの選び方
  3. 入門向けエギング用リールの選び方
  4. エギング用ライン、リーダーの選び方
  5. エギの選び方と、おすすめ5選

エギング用リールに最適な番手

エギングには主に小型スピニングリールが用いられる。

シマノならC3000番台、ダイワなら2500番台、LTコンセプトであれば3000番台がベストマッチだ。

またPEの0.8号を150m巻ければラインキャパシティとして十分なので、トラブルの少ない浅溝のスプールを用いることが好ましい。

エギング用リールに最適なハンドル

エギング用リールのハンドルはシングルハンドルとダブルハンドルがある。

さまざまな釣りで使えるのはシングルハンドルであるが、中級者以上になると巻きが安定するダブルハンドルを好んで使う方が多い

ハンドルについてはそれぞれのメリット・デメリットがあるため自身の好みで判断しよう。

リールの「シングルハンドル」「ダブルハンドル」のメリット・デメリットまとめ

エギング用リールに最適なギア比

エギングにおいては、ハイギアのリールを選ぶことをおすすめしたい。

ハイギアであれば糸ふけを早く回収でき、より手返しよくポイントを探れる。

製品名に「H」と記載があるリールがハイギアの目印なので、購入の際は覚えておこう。

※例:フリームス 2506H

ハイギアのデメリットは、ノーマルギアに比べ初動が遅く、巻き感が重いことが挙げられる。

しかし昨今のリールは以前に比べ数段進化しており、ハイギアであっても軽い巻き心地を実現している。

初心者であればさほど差は感じないので、最初の1台を購入する際は迷わずハイギアを選ぼう。

エギング用リールに求める機能

エギングにおいて大事なのは、一日中シャクっても疲れない程度の軽さであること

そして掛かったイカの身が切れてバラしてしまうことを防ぐために、ドラグがきちんと効くかどうかの2点となる。

これらの性能はリールの値段に比例する場合が多いが、最近の1万円前後のリールであれば十分の性能を備えているので安心してほしい。

初心者におすすめのエギング用リール

ダイワ「レブロス」

ダイワから発売されている、最初の1台におすすめのリール。

安価ながらも巻き感度が軽く、高い防水性能やドラグ性能など、小型スピニングリールに求められる基本性能の高さにこだわって作られている

エギングでの使用を想定した、ハイギアのダブルハンドル仕様もラインアップしているので要チェックだ。

シマノ「ナスキー」

シマノから発売されている、驚きの使い心地を誇るハイコストパフォーマンスリール。

実売価格が10,000円前後ながら、これまで中級〜上級クラスのリールにしか搭載されなかった最新技術を惜しげなく採用している

巻き心地や耐久性、ドラグ性能の全てが高い能力を誇るおすすめリールだ。

ダイワ「18フリームス」

ダイワから発売されている、LTコンセプトによって生まれ変わった汎用スピニングリール。

筆者も愛用しているが、軽さ、巻きの滑らかさ共に大満足の一品だ。

ドラグ性能も申し分なく、1kgを超える大型のアオリイカであっても問題なくやり取りができる

【次ページ:エギング用ライン、リーダーの選び方】

タグ: