エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

タグ: / / / / / / / / /
2018年11月06日

目次

  1. エギングとは?エギングの基本的な釣り方
  2. 入門向けエギングロッドの選び方
  3. 入門向けエギング用リールの選び方
  4. エギング用ライン、リーダーの選び方
  5. エギの選び方と、おすすめ5選

エギングロッドの選び方

エギングはシーバスロッドなどを流用して始めることもできるが、エギング専用のロッドとは使い心地が異なる。

シーバスロッドと比べるとやや先調子の設計となっており、エギに細かいアクションをつけやすいのが特徴だ

本格的に始めたいのであれば、エギング専用ロッドを購入することをおすすめする。

またエギングロッドは汎用性が高く、シーバスやチニング、ライトショアジギングなどにも流用できる

そのためエギングをきっかけに海のルアー釣りを始める方は、最初の1本にエギングロッドを選んでおけば間違いないだろう。

ロッドの長さは

エギング市場は年々進化しており、各メーカーからさまざまな状況に応じたロッドがラインアップされている。

ラインアップが多すぎて迷いがちであるが、初めて購入するのであれば8.3〜8.6フィートを選ぶことをおすすめしたい。

この長さであれば1本で堤防から地磯までを広くカバーできる上、他の釣りに流用する際も汎用性がバツグンだ。

ロッドの硬さは

おおまかな目安だが、春に用いるエギは3.5号、秋であれば3号が中心となる。

そのため、その範囲のエギを操作しやすいML(ミディアムライト)~M(ミディアム)クラスのロッドが入門用としてはふさわしい

参考までに写真のロッドでは、2.5号〜4号までのエギをキャストできる。

エギの4号をルアーの重さに換算すると、おおよそ25g前後の負荷をかけても大丈夫な硬さのロッドであることがわかる

このあたりの設定はメーカーによって異なるので、購入する際にしっかりと確認するようにしよう。

初心者におすすめのエギングロッド

メジャークラフト「ファーストキャスト エギングモデル」

メジャークラフトから発売されている、リーズナブルな価格が魅力のエントリーモデル。

上位機種と比べるとややロッドの張りに欠けるが、たまにエギングをやる程度であれば十分なクオリティだ。

10〜20gのジグやルアーを使った釣りもカバーできるため、海のルアー釣り初心者の最初の一本としてもおすすめだ。

ダイワ「エメラルダス アウトガイド」

ダイワから発売されている、エギングブランド「エメラルダス」のエントリーモデル。

軽量かつハイバランスな設計で、一日中シャクリ続けても疲れにくい。

また上位機種と遜色ないデザインも魅力で、アングラーの気持ちを高めてくれる一本だ。

ヤマガブランクス「メビウス」

ヤマガブランクスから発売されている、高いコストパフォーマンスを誇るエギングロッド。

同社のテクノロジーを惜しげなく採用し、3〜4万円代の上位機種にも劣らない使い心地を実現している。

上記2機種と比べるとやや値段は張るが、本格的にエギングを始めたい方には自信を持っておすすめできるロッドだ。

【次ページ:エギング用リールの選び方】

タグ: