テーマ別

トップページ>エギング>初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

32583アクセス 2016年11月10日

初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

s__46456927

本記事ではエギングを始めてみたいが、どうすれば良いか分からない…という方のために、最初の1匹を釣るまでに必要なエギングでの基本的な釣り方から、エギング用タックルの選び方、そしてぜひ試して欲しいおすすめ製品まで紹介する。エギング初心者はぜひ参考にしてみてほしい。

目次

  1. エギングとは?エギングの基本的な釣り方
  2. エギング用ロッドの選び方、アングラーのレベル別おすすめ
  3. ハイギアがいい?エギング用リールの選び方、アングラーのレベル別おすすめ
  4. エギング用ライン、リーダーの選び方、おすすめ
  5. エギの選び方と、おすすめ5選

エギングとは

エギングのメインターゲットは「アオリイカ」

「エギング」とは、エビのような形をしたルアーに、カンナと呼ばれる複数の針がついた「エギ」と呼ばれるルアーを用いてイカを釣る釣法だ。

各メーカーのプッシュもあって年々アングラーの数が増えており、そのメインターゲットであるアオリイカはいまや海のルアー釣り全体の中でもポピュラーな存在となった。

ここまでエギングが人気となったのは、釣っていて楽しいのはもちろんだが、釣った後に舌鼓を打てるのもその人気の理由。アオリイカはイカの中でも特に美味だが、群れで生活しないため市場に卸されにくく、一般家庭では入手しづらい。そのため料亭や寿司屋などでは高値が付けられているのだ。

そんなアオリイカを自分で釣って、鮮度の高い状態で食べることができるのだから、人気が出るのも納得だ。新鮮なアオリイカを楽しむのは、釣り人の特権なのだ。

エギングの釣り方

エギングに用いるタックルはいたってシンプルだ。一般的なルアー釣りのタックルに、「エギ」と呼ばれるルアーを付けるだけである。

ロッドは8フィート台中盤の長さのもの、リールは中型(シマノなら3000番前後)のスピニングリールを用いる。

キャストした後は「シャクリ」と呼ばれる動作を繰り返し、このアクションの合間に生まれる“間”でイカにエギを抱かせるのだ。

この一連の動作はエビが跳ね回る様子を演出するもので(イカはエビが大好物だ)、それを意識するとアクションし易い。

秋に楽しめる、眼前で目視しながらエギをアクションさせてイカを釣る「サイトフィッシング」というスタイルもこの釣りの魅力だろう。

エギに近寄ったり、遠ざかったりするイカをどうやって抱かせるか。一度そういった場面を体験すると虜になることは間違いない。

エギングが人気の理由

エギングが人気の理由は、その手軽さにある。特に秋には新子とよばれる小型のイカが接岸し、初心者でも簡単に釣ることができる。

一方、春には最大で4kg近くになる大型を狙うことができるため、季節に応じた違った釣りを楽しめるのがこのエギングの魅力のひとつだろう。

さらに、自らのロッドワークでエギにアクションをつけて食わせるため、アングラーの技量が問われる側面も強く、ゲーム性が高い。

そのため、初心者から上級者にいたるまで根強い人気を誇るのだ。

【次ページ:エギング用ロッドの選び方】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト