テーマ別

トップページ>その他>オールシーズン大活躍! 防水性があるのに蒸れない「ゴアテックス製ウェア」の魅力

2015-11-19 22.08.29-2

6387アクセス 2015年11月21日

オールシーズン大活躍! 防水性があるのに蒸れない「ゴアテックス製ウェア」の魅力

2015-11-19 22.08.29-2

これから始まる冬のシーズン。寒いだけでなく、釣れる魚種が減り、釣行に行く回数が減る釣り人も多いだろう。しかしながら、ブリ、ヒラマサ、メジナ、マアジといった一部の魚種では大型の魚をキャッチできる確率が上がる時期でもある。

こうした時期に釣りに行く際には、それ相応の防寒装備が必要となる。今回は高級アウトドアウェアに使われ、寒い時期の釣行にも最適な「ゴアテックス製ウェア」について紹介しよう。

ゴアテックス製ウェアについて

まず最初にゴアテックス製ウェアが通常のレインウェアと何が異なるのか解説しよう。それは、ゴアテックス製品は蒸気(気体である水分子)は通すが、液体(水滴)は通さない構造となっている点だ。

この構造の利点は、雨が降った際に外部からの水の侵入を防ぎつつ、体内で発生した蒸気を体外に出すことができる点だ。これにより防水性がありながら蒸れを防ぎ、より快適に釣りを楽しむことができる。

体温低下を防ぐ

読者の中には冬なら汗もかきにくく、蒸れることはないのではないか、と思う方もいるだろう。しかし、人間は寒くても常に皮膚から微量の汗を放出している。ウェア内部の空気が飽和水蒸気量を超えると、それ以上は気体になることができなくなるため、水滴になってしまうのだ。

そしてこの液体が蒸発する際に熱を奪い、体温低下の原因となる。そのため、水蒸気の時点でウェアの外に逃がすことができるゴアテックス素材は体温低下を防ぐ効果があるのだ。

あくまでも防水、防風

ただし、注意してほしいのは、ゴアテックス製ウェアは体を温めるわけではなく、体が冷えるのを防止するためのものだということ。ゴアテックス製品を着用したからといって温かさを感じることはないので、注意だ。

ゴアテックス製のアウターの下に重ね着することで、寒さを防ぎながらしっかり暖かさを感じることもできる、以下の記事を参考にしよう。

冬の釣行も快適に! 防寒のための「レイヤリング(重ね着)」の基本

おすすめのゴアテックス製ウェア

ゴアテックス製ウェアといっても購入しやすい価格帯のものから、高額なものまである。自分が釣りに行く頻度や財布と相談して、どの程度のモデルまで必要なのか検討しよう。

ダイワ

キャスティングする釣りにおすすめな立体裁断タイプのゴアテックスアウター。生地がつっぱり邪魔することがないので、快適に釣りができ、生地への負担も少ないため長持ちする。ラン&ガンを繰り返す釣りにおすすめな一着。

モンベル

非常にコストパフォーマンスの高い製品。1万円後半〜2万円前半でゴアテックス製ウェアが手に入る。カラーも豊富なため女性にもおすすめだ。上記のダイワの製品のようにキャスティングのことを考えて作られてはいないが、ライトに冬の釣りを楽しみたいにはうってつけのウェアだ。

パンツは別売りのため、別途以下のようなものを購入しておこう。

値段相応の価値あり。冬の釣行を快適に楽しもう!

ゴアテックス製ウェアは高価だが、これから始まる冬の時期少しでも快適に釣りをしたければ購入を検討しよう。低体温症等を防止にも役立ち、値段相応の価値がある製品たちだ。

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト