テーマ別

トップページ>ショアジギング>陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

タグ: / /

アクセス 2016年11月18日

弓角とは?、弓角を使うときの仕掛け(弓角には「トレーラー」が必要・弓角を使うときの仕掛け)、弓角を使うときのタックル(ロッド・リール・メインライン・ハリス)、弓角の使い方(まずは遠投・着水したら早巻き・魚が掛かったら常にパワーでファイト・ナブラやボイルはチャンス)

目次

  1. 弓角とは
  2. 弓角を使用する際の仕掛け
  3. 弓角を使用する際のタックル
  4. 弓角のアクション方法
  5. 様々な弓角を紹介

弓角の種類を紹介

弓角にも形状などに様々な種類があり、状況によって使い分けることでさらなる釣果が期待できる。最後にいくつかのタイプの弓角を紹介しよう。

ストレート形状の弓角

前述したように、弓角は水中で回転することで魚にアピールする。弓角の曲がり具合が大きいほど大きく回転するのだが、このストレートに近い形状のものは回転が小さいのが特徴。

特に、魚の活性が高く表層の早巻きが有効な場合、このストレート形状のものの方が動きすぎないため有効である。

曲がった形状の弓角

弓角の本体の曲がりが大きいタイプは、ゆっくり巻いても大きく動いてくれる。ストレート形状のものではアピール不足なところを、大きなアピールかつゆっくりな誘いで食わせることが可能だ。

フェザー無しの弓角

市販品にはフェザーの付いたものが多いが、本来はフェザーは無くても釣れる。むしろフェザーが弓角本来の動きを邪魔しないため、フェザー無しが効果を発揮する場面もある。反応によって使い分けてみよう。

青物の連発も夢じゃない

広範囲を狙うことができるため、青物が連発することも夢ではない弓角を使ったサーフトローリング。

場所によっては一年通して楽しむことができる釣りなので、道具を揃えてチャレンジしてみよう。

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト